沖縄のご当地バーガーと言えばこれ!「ゴーヤーバーガー」「ぬーやるバーガー」

えん食べ / 2013年3月6日 11時0分

写真

「ゴーヤーバーガー・ぬーやるバーガー jef」の文字が!

ご当地ハンバーガーというと長崎の「佐世保バーガー」や北海道の「別海ジャンボホタテバーガー」などが有名ですが、筆者の地元・沖縄には「ゴーヤー」を使った「ゴーヤーバーガー」「ぬーやるバーガー」なるものがございます。今回はこれらを提供する沖縄のファストフードチェーン「ジェフ」に行き、実際に食べてきたのでご紹介します。

■「ジェフ」はこんなお店

沖縄県の那覇市から豊見城市に向かう県道231号那覇空港線を車で15分ほど走り、住宅街を抜けると、右手にこんな看板がデカデカと現れます。

そう、こちらがを沖縄生まれのファストフードチェーン「ジェフ」(豊見城店)。看板からもお分かりの通り、「ゴーヤーバーガー」「ぬーやるバーガー」はジェフを代表するハンバーガー。県内にある4店舗で食べることができます。

豊見城店の特徴は、駐車場へ向かう広々としたエントランス。店構えはどこかアメリカンな雰囲気が漂っています。

さっそく店内へ行ってみましょう!

店内は広めゆったりと余裕のある空間です。天気が良い日は窓から豊見城の畑風景と青空が見えて開放的。そしてなぜか中央にはモニターが多数。こちらは現在使用していないそうですが、以前はミュージックビデオなどを流しており、そのなごりなのだそうです。

■早速注文です!

現在「ジェフ」で提供するゴーヤーを使用したハンバーガーは全部で3種類。「ゴーヤーバーガー」(単品300円)、「ぬーやるバーガー」(単品350円)、そして新発売の「スペシャルゴーヤーバーガー」(単品550円)の計3つを注文しました。はたしてその違いは何でしょう?

開封しました。上から見るとあまり大きさは変わりません。

横から見てみました。厚さは結構違います。およその厚さは「ゴーヤーバーガー」が4.5cm、「ぬーやるバーガー」が5cm、「スペシャルゴーヤーバーガー」が5.5cm。

■ゴーヤーバーガー3兄弟を食べ比べ

・お肉なしのヘルシーな「ゴーヤーバーガー」

ジェフで一番スタンダードなゴーヤーを使ったハンバーガーです。何やら黄色いものが覗いていますが、これ何だと思いますか?中を確認してみましょう!

黄色い具材の正体は、ゴーヤーが入った卵焼き。トッピングはマヨネーズとチーズです。食べた感じ卵焼きはふわふわ。ゴーヤーは薄切りで入っているので、苦みはそれほど感じられません。お肉が入っていないので、あっさり食べられました。

・さらに沖縄感溢れる「ぬーやるバーガー」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
えん食べ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング