苦くない「こどもピーマン」知ってる? 明日4月9日は「よいPマンの日」 

えん食べ / 2013年4月8日 18時30分

写真

苦くないピーマン「こどもピーマン」

子どもが嫌いな野菜の代名詞とも言える、ピーマン。独特の苦味に苦手意識を持つ子どもが多いようですが、そんな子どもたちも喜んで食べるピーマンがあるそうです。その名も「こどもピーマン」。“肉厚”で“ジューシー”で“苦くない”ピーマンなのだとか。

こどもピーマンは、2010年にタキイ種苗が発売したものです。ほかのピーマンよりも、苦味の原因となる成分「クエルシトリン」が少ない上に栄養価も高く、ビタミン C は約1.5倍、カロテンは約2倍含まれるそうです。

こどもピーマンの元となっているのは、メキシコで有名な「ハラペノ」という唐辛子。肉厚でジューシーな青唐辛子で、生でも調理してもおいしいのですが、日本では強烈な辛さで有名です。「ハラペーニョ」と名のつくお菓子や料理、聞いたことがありませんか?

そのハラペノの育成や改良を行う中で、辛味成分「カプサイシン」を全く含まない個体が見つかりました。その個体を、約10年かけて品種改良した結果誕生したのが“辛くない”ピーマン「こどもピーマン」だそうです。ハラペノの“肉厚”“ジューシー”な部分は残しつつ、苦味が少なく栄養価が高いという、子どもだけでなく大人にも嬉しいピーマンとなりました。

こどもピーマンは、味だけでなく、長さが約 10cm、直径が約 3cm とコンパクトな形にも特徴があります。一般的なピーマンだと、肉が薄めで「輪切り」での調理が困難でした。肉厚なパプリカだと、直径が大きすぎる…と思ったこと、ありませんか?

こどもピーマンを使用すると、コンパクトな形とその肉厚さを活かして、これまでとは一味違った料理を楽しむこともできます。例えば、こどもピーマンの Web サイトでは、こんなメニューを掲載しています。

★こどもピーマンの、一口ピザトースト

1.こどもピーマンは、約 1cm の輪切りにして、種を取り除く

2.ウインナーは約 1cm の輪切り、うずらたまご(水煮を使うと便利)は半分に切り、ツナとコーンは混ぜ合わせておく

3.食パンにピザソースを塗り、こどもピーマンの輪切りを乗せ、ピーマンの中に2で作った具材を乗せ、ミックスチーズを散らせる

4.トースターで4~5分焼いて、出来上がり

だいたい、食パン1枚につき、6等分するぐらいがちょうどいい大きさです。しっかり肉厚なピーマンだからこそ出来るメニューですよね。具材を変えてアレンジしたり、朝ごはんにもピッタリ。

同サイトでは他にも、炒め物やマリネなど、こどもピーマンを使用したレシピを紹介しています。コロンとした丸い形を生かして、炒め物も可愛く仕上がりますよ。お弁当にもよさそうですね。

明日4月9日は「よいPマンの日」。ピーマンの出荷量が増える4月に、より多くの人においしいピーマンを食べてもらいたいと、冬春期のピーマン主産地である茨城県、高知県、鹿児島県、宮崎県の4県の JA グループで組織する「がんばる国産ピーマン」プロジェクトが制定しました。ピーマンの「P」と数字の「9」が似ていることから、4月9日を選んだそうです。

「よいPマンの日」に、ちょっと変わった「こどもピーマン」を使った料理はいかがですか?

えん食べ

トピックスRSS

ランキング