電気もガスも使わない、完全手動のエスプレッソマシン「Nomado」

えん食べ / 2013年4月8日 19時0分

写真

電気もガスも一切使用しないエスプレッソマシン「Nomado」

米国 UniTerra は、電気もガスも一切使用しないエスプレッソマシン「Nomado」を開発しました。すでにプロトタイプが完成しており、現在は生産と販売に向けた資金を KickStarter で調達中です。記事執筆時点で、調達資金はすでに目標額を超えており、4~6か月後には販売を開始する予定となっています。

Nomado は、挽いたコーヒー豆とお湯さえあればエスプレッソが抽出できる器具。抽出のための圧力は、手動のポンプによって生成される仕組みのため、AC 電源や電池、ガスなどは不要です。また、専用カフェポッドも不要な、エコな設計となっています。

Nomado を使ってエスプレッソを抽出するには、まず、コーヒー粉を Nomado にセットします。

続いて、Nomado にお湯を注ぎます。

あとは、Nomado に付属するレバーをシーソーのように左右交互に押せば、エスプレッソが抽出される仕組みとなっています。

Nomado は古典的なレバー方式のエスプレッソマシンにヒントを得て開発されたのだそうです。従来型のレバー式エスプレッソマシンのサイズを大幅に小型化し、操作も簡略化してあります。このため、特別なトレーニングをしなくても、誰でもエスプレッソを抽出可能になったそうです。

操作が簡略化されたといっても機能は犠牲になっておらず、Nomado に取り付けられた手動レバーで生成できる圧力は最大で10バール。本格的なエスプレッソ抽出に十分な圧力が得られます。Nomado に取り付けられた専用の抽出口「True Crema Valve」も本格的なエスプレッソ抽出を手助けします。この特殊な抽出口が、たっぷりのクレマを立ててくれるということです。

カラーバリエーションはグリーンの他、ブラック、ブルー、レッドを予定。サイズは15 x 15 cm の正方形で、重さは1.1kg となる予定です。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング