マック、新地域別価格体系の検証スタート 大阪など4地域・49店舗で

えん食べ / 2013年4月18日 15時30分

写真

新地域別価格が適用される「てりやきマックバーガー」  (出典 同社公式サイト)

日本マクドナルドは、新しい地域別価格の導入についての検証実験を、大阪、岐阜、茨城、宮城の49店舗で、4月19日より順次開始する。

同社は既に2007年から都道府県別を基本とした6区分の地域別価格を導入しているが、今回の実験では、都道府県に関係なく9区分(予定)の地域別価格に細分化し、より各地域の需要に即した価格での商品提供を目指すそうだ。

今回導入される新価格は、“てりやきマックバーガー(単品)”が290円~320円(旧価格270円~280円)や、“ハッピーセット”が410円~480円(旧価格420円~490円)など。

同社は、今回の検証結果をもとに、全国の店舗への導入を進めていくとしている。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング