ルノワールの傑作「ジャンヌ・サマリーの肖像」を表現したカクテル

えん食べ / 2013年4月27日 21時0分

写真

タイアップカクテル「ジャンヌ・サマリー」

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズのバー「ベイ・ウエスト」で、7月6日から9月16日に横浜美術館(西区みなとみらい)で開催される「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」の会期にあわせ、オリジナルカクテル「ジャンヌ・サマリー」が販売される。価格は、1,575円(サービス料別)。

このカクテルは、印象派を代表する画家の一人“ルノワール”がパリの花形女優を描いた傑作「ジャンヌ・サマリーの肖像」をイメージしたもの。この作品に描かれたジャンヌ・サマリーの柔らかい表情と鮮やかなピンクの色味を、いちごのリキュールで表現している。ほどよい甘さでクリーミーな味わいが楽しめるそうだ。

また、会期中に同展の観覧券を提示すると、ロビーラウンジ「シーウインド」の「シーウインド ケーキセット」を特別価格で購入できるなど、様々なサービスが用意されているとのこと。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング