オフィスに「缶たしランチ女子」が出現中?!--“缶詰を足すだけ”の手軽さがブームの兆し

えん食べ / 2013年5月22日 11時0分

写真

みんなで缶詰を囲む

皆さんのオフィスで、こんな光景を見かけませんか?

決して“非常事態”ではありません。これは、オフィスランチのニュースタイル「缶たしランチ」。最近、ランチタイムに缶詰を開ける「缶たしランチ女子」なるものが出現中との情報が入りました。これは新たなブームの兆しでしょうか?気になったので調査しました!

■「缶たしランチ女子」って?

一見華やかだけど、ちょっと独特な光景にも見える缶たしランチ女子。オフィスに缶詰をストックしていつものランチに取り入れることで、手軽においしく、栄養まで摂取しているそう。実際にマスコミ関係会社のランチの様子をのぞかせてもらうと、なるほど、みんなで“かに”“ほたて”など魚介の缶詰をシェアしています。ふむふむ、おなじみのコンビニランチに、ちょいと足して食べるわけですね。これ、よく考えたらかな~り豪華なランチになっていますね。

「美味しさも栄養価もボリュームアップして大満足」「缶詰は保存性が高いから、夏でも安心」という彼女たちの意見にも頷けます。毎日の代わり映えのないランチに飽き飽きしてる人にもおススメかも。

■ところで缶詰って体に良いの?

缶たしランチ、筆者は特に「魚介は缶詰なら摂りやすい」と感じました。平日のランチでは、定食屋にでも行かないと魚なんかは食べにくいですよね。でも缶詰なら、それよりもお手軽に魚が食べられます。賞味期間が長くて、気楽にストックしておけるのもグッド。

何より、魚の缶詰には必須脂肪酸の DHA や EPA などが豊富に含まれているんです。この DHA や EPA には、血液をさらさらにしたり、コレステロールを下げたりする効果があるので、仕事で疲れた体を健やかに保ってくれるそうですよ。

■折角だから「缶たしランチ」やってみた!

賢くランチのクオリティを上げ、さらに健康維持まで効率よくこなす彼女たち。むむ、この人たち、仕事もデキそうだぞ?

ならば筆者も、「缶たしランチ」に挑戦して OL レベルを上げることにします。今回は、一人で缶詰を丸々使えるレシピ「豆乳サーモン U・DO・N」を試してみました(マルハニチロ食品 缶たし部監修のレシピを参照しました )。

★「豆乳サーモン U・DO・N」の作り方

1.耐熱容器にうどんと豆乳1パック、コンソメ、塩・胡椒、玉ねぎスライス各適量を入れ、電子レンジで約5分加熱する。

2.鮭缶を汁ごと加え、塩コショウで味をととのえる。

朝、家から材料を持ってくれば、あとはチンするだけ。鮭の旨みがたっぷり豆乳スープに溶け込んだ、優しい味です。味も自分でコントロールできて安心ですね。何より、お昼に自炊した物を食べると、何だかほっとしませんか?

■震災用の備蓄品としても、缶詰は注目されています

そもそも、なぜオフィスに缶詰をストックし始めたのか。実は東日本大震災以降、備蓄意識の高まりは家庭内に留まらず、会社にも広がりを見せているそうです。震災時には大量の帰宅困難者が発生した首都圏。コンビニなども一時品薄状態になりました。その時の不安から、個人のデスクでも缶詰をストックする人が増えているのだとか。

「常温で長期保存がきき、加熱済みの缶詰は、備蓄食料に最適。ストックを食べるときは、必ず“買い足してから”」とアドバイスするのは、気象予報士で防災士の資格をもつ木原実さん。万一に備え、各自3日分の水と食料を家と会社で準備するよう提案しています。

備えあれば憂いなし。皆さん、オフィスの引き出しには缶詰を!

えん食べ

トピックスRSS

ランキング