本日(?)発売「パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメン」を食べてみた ― デイリーヤマザキで先行販売中!

えん食べ / 2013年6月4日 17時20分

写真

「パパパパパイン パイナップル風味塩ラーメン(果肉入り)」

パパパパパインご店主、倉田裕彰氏が監修されたカップ麺「パパパパパイン パイナップル風味塩ラーメン(果肉入り)」が発売された。デイリーヤマザキで先行発売中。価格は298円。

西荻窪にあるパパパパパインの「パイナップル塩ラーメン」。名前だけ耳にすると「色もの?」と思う方もいるかもしれない。だが実際は、本当においしいラーメンだ。

スープに大量投入されたパイナップル果汁の甘酸っぱさ。そのスープによくからむ細麺。新鮮なパイナップルと、パイナップルの甘みがほのかに感じられるチャーシュー。パイナップルのおいしさを100%ラーメンに活かすというコンセプトを貫いた、素晴らしいラーメンとなっている。

そのパパパパパインの塩ラーメンがカップ麺になった。ご店主の倉田裕彰氏は、Twitter の投稿で次のように述べている。

「おそらく、カップラーメン史上初、本店の味を上回ってしまうという快挙!」

これは食べないわけにはいかない。ということで、デイリーヤマザキまで出向き、「パパパパパイン パイナップル風味塩ラーメン(果肉入り)」を購入して、食べてみた。

せっかくなので、本店の味を思い出しつつ、それと比較しながら食べてみたい。

■まずはルックスを比較する

本店のパイナップル塩ラーメンの外見上の特徴は、パイナップル、チャーシューの他、鮮やかな赤色の糸唐辛子、コショウ、ねぎ、海苔がのっていること。こうして比較してみると、海苔以外はなかなか忠実に再現されているように見える。

■麺は?

本店の麺の特徴は、弾力性のある細麺。カップ麺版の麺はというと、こちらも細麺。その見た目の再現性はかなり高いと言えるだろう。

■チャーシューは?パイナップルは?

本店でパイナップル塩ラーメンを食べたとき、もっとも感動したのがチャーシューとパイナップルだった。では、レトルトで再現されたカップ麺版のチャーシューとパイナップルはどうだろう? 正直言って、ちょっと厳しかった。

カップ麺版のチャーシューは、普通においしい。かすかに、パイナップルの味と香りもする。だが、本店のチャーシューの感動には及ばない。

また、カップ麺のパイナップルからは、パイナップル独特の強い酸味を感じることはできなかった。

ラーメンに強烈なパイナップルの味はあわないと思っている人も多いはず。そういう人にとっては、これくらいの弱い味の方が良いかもしれない。ある意味、万人向けともいえる。

だが、本店の「パイナップルむき出し」の味が好きという人には、ちょっとものたらないかもしれない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
えん食べ

トピックスRSS

ランキング