下鴨茶寮「料亭のあんぱん」東京に再登場、“新生”松屋銀座で期間限定販売

えん食べ / 2013年9月10日 10時30分

写真

「料亭のあんぱん」が、期間限定で再登場

京都の老舗料亭『下鴨茶寮』が、リニューアルオープンする松屋銀座に、9月11日から24日まで期間限定で出店。人気の「料亭のあんぱん」が販売される。

「料亭のあんぱん」は、“あんぱん”としては珍しい食パン型で、マーブル状の模様が特徴。パン生地は酒種(さかだね)で仕込まれており、粒あんには丹波大納言小豆が使われているそうだ。価格は、一斤1,575円。

もともとは料亭に訪れた人への手土産(非売品)だったものを商品化。7月に渋谷で販売された際には、連日夕方には完売するなど、人気商品となった。なお今回は、前回を上回る数が用意されているとのこと。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング