本格割烹をカジュアルに楽しめる「割烹バル 八寸」は料理も酒もこだわりたっぷり

えん食べ / 2013年11月25日 19時0分

写真

本格割烹を気軽に楽しめる!

「銀座ライオン」などを手がけるサッポロライオンの新業態「割烹バル 八寸」の1号店「銀座コリドー街店」が、10月25日にオープンした。

コンセプトは、“誰でも気軽に本格割烹料理を楽しめるカジュアルでおしゃれな割烹バル”。気軽に足を運びづらい割烹料亭の味を、明るくカジュアルな店内で楽しめるのが特徴だ。カウンター16席、テーブル・ボックス各24席、計64席が用意されている。

味付けはもちろん、盛りつけも手を抜かない料理の数々は本格的。いろどりよく盛り合わされた八寸(肉/1,280円、魚/980円)をはじめ、甘鯛興津焼き(850円)などの焼物、煮物、人気メニューの蟹コロッケ(580円)などの揚物、へしこ豆腐(480円)といった強肴(しいざかな)など、本格的な料理がリーズナブルに楽しめる。経験豊かな料理人たちだからこそ、席数の多い店内でも一皿一皿のクオリティが高い料理を提供できるそうだ。

実際に筆者が訪れた日は木曜日の20時頃だったが、店内はカウンター席も含めて満席だった。30代くらいの女性グループや、40代~50代の男性グループ、家族連れなど、お客の顔ぶれは様々。カウンター席で、スタッフとの会話を楽しむ姿も多く見られた。

店舗所在地は、東京都中央区銀座8-2先1階。営業時間は、平日・土曜日が17時~23時30分、日・祝日は17時~22時30分。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング