地球とカラダに優しいハンバーガー?えだまめやリンゴを使った「Earth Burger」

えん食べ / 2014年4月3日 14時30分

写真

毎日でも食べたいかも?

10年ほど前、「スーパーサイズミー」というドキュメンタリー映画が世間を騒がせたのを覚えているだろうか。詳しい内容は割愛するが、もし、これのせいで「ファストフード」に何かしらのネガティブなイメージを持っている人がいたら、ぜひ伝えたいニュースが飛び込んできた。

米テキサスでは今、ベジタリアンでも楽しめる “ヘルシーな” ハンバーガーを提供するファストフード店「Earth Burger(アースバーガー)」が、待望のオープンに向け Kickstarter で出資者を募集している。

Earth Burger で提供される食事は、基本的に “植物” が材料として使われる。たとえば、パンには全粒粉が、具材にはオーガニックのチーズ、ベビーキャロットを使ったハムス、えだまめ、リンゴなどが使われるそうだ。

さらに、硬化油や着色料は一切含まず「栄養価の高い」メニューがつくられるのだとか。

なお同店のプロモーション動画には、数名のテストモニターに、同店のベジタリアンバーガーと普通の(ベジタリアン向けではない)ハンバーガーを食べ比べてもらう様子が映されている。

そして参加者からは、「えっこれ野菜なの!?」「こっち(ベジタリアンバーガー)の方が断然美味しいよ」といったコメントが。美味しくてヘルシーだなんて、一石二鳥!

同店は、われわれにとって “ヘルシー” であるのと同時に、「地球にもやさしい」ファストフードを提供したいとしている。もし Earth Burger が世界中でのチェーン展開に成功したら、もう「スーパーサイズミー」のような映画が作られることもないだろう。たぶん。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング