100万人の胃袋を魅了--スシローの新定番メニュー「出汁入り鶏がら醤油ラーメン」を食す

えん食べ / 2014年5月9日 17時30分

写真

美味しいお寿司とラーメンを食べたいならスシローへ

連日大行列の回転寿司チェーン・スシロー。お寿司がとにかく美味しいことで知られる同店ですが、意外な人気商品もあることをご存じですか?それは、お寿司屋さんとしては意外な「ラーメン」。

同店の新しい定番メニューに躍り出たのは、4月1日発売の「出汁入り鶏がら醤油ラーメン」。発売後1か月足らずで、累計100万食突破という大ヒット商品となっています。ヒットの秘密は、一滴残らずゴクゴク飲み干せるほどに美味しいスープ。鶏がらにかつおぶしやさばぶし、いわしぶしで取った出汁を合わせてあり、寿司にもよく合う味わいなのだとか。寿司とラーメンを一度に楽しめるなんて、そんなにうまい話があるの?

気になったら、すぐに行動を起こすのがえん食べ編集部。ウワサのラーメンを食べに、早速出かけてきました。

■ラーメンの前に、まずは極上の寿司を

筆者が最寄りのスシローを訪れたのは平日の昼間。開店20分前から既に行列ができる人気ぶりです。無事に席に案内されて、いよいよラーメンを注文!といきたいところですが、なんといってもここはあのスシロー。まずは自慢のお寿司をいろいろいただきましょう。

どのネタをとっても“当たり”なのが、スシローの嬉しいところ。脂がほどよくのった「ぶつ切りサーモン」、心地よい噛み応えの「やりいか姿」、ツヤツヤ、プリプリの「赤えび」、肉の存在感抜群の「牛塩カルビ」…。あまりの美味しさに、次から次へと皿に手が伸びます。

■「出汁入り鶏がら醤油ラーメン」を注文。その見た目は?味は?

12皿も食べたところで我に返り、お目当ての「出汁入り鶏がら醤油ラーメン」を頼むことにします。さらに「茶碗蒸し」と「ぽてナゲ」「瀬戸内産たこ串天ぷら」、デザートとして人気の「フレッシュ苺のメルバ」まで頼んでしまいました。フルコース並みに注文しても、お財布に優しいスシローなら安心です。

注文から待つこと数分。熱々のラーメンが席に届けられました。まず驚かされるのは、280円とは思えないボリューム。大振りのチャーシューとたっぷりのネギも添えられ、実に豪華な見た目です。揚げ物やデザートも到着して、テーブルの上はまるで宴会場みたいになりました。昼間からスシローで“豪遊”というのも、気分がいいものです。

お寿司で既にお腹一杯になってしまっていた筆者。ボリューム満点のラーメンを見て、「失敗した」と思いましたが、食べ始めてみたらあら不思議!醤油ベースのさっぱりしたスープが細い麺によく絡み、スルスルと喉を通過していきます。トッピングの“焦がしネギ”の風味と食感も、やみつきになりそう。

あっという間に食べきり、スープも飲み干して、ふー、ごちそうさま!満腹でもラーメン特有の胃もたれはなく、爽やかな後味が残ります。この美味しさなら、次にスシローに来たときもお寿司の締めとして注文してしまいそうです。

■何を食べても美味しい。それがスシローだ

今回、定番のお寿司から揚げ物、ラーメン、デザートまで、スシローのメニューを幅広く楽しんだ筆者。総合的な感想は、何を食べてもとにかく美味しい。スシローに根強いファンが多いのは、寿司のクオリティだけでなく、何回来ても飽きないほどに幅広いメニューが展開されていることもあるのでしょう。

競争が激しくなり、サイドメニューで差別化を図るお店が増えている回転寿司業界。人気が高いラーメンをいち早く定番メニューとして確立したことは、スシローにとって大きな弾みになるかもしれません。

※表記価格は税別

えん食べ

トピックスRSS

ランキング