自慢のタパス&チュロスはいかが?スペインバル「アンクラー」、東京・八重洲にオープン!

えん食べ / 2014年5月13日 12時0分

写真

早朝のコーヒーから、夜のワインまで!

スパニッシュ カフェ&バル「ANCLAR(アンクラー)」が、5月29日、東京・八重洲地下街にオープンする。

同店のメニューには、朝はホームメイド チュロス、ランチはパスタやサンドイッチ、ディナーはアヒージョやタパスなどのほか、デザートやドリンクも各種用意される。

チュロスは、スペイン製の専用フライヤースタンドを使い、お客の目の前で揚げられる。作りたてのチュロスを本場スペインにならい “チョコレートソース” に付けて食べるそうだ。

ちなみに、店名の「ANCLAR」とはスペイン語で「停泊する」「錨をおろす」という意味。まさに日本全国への中継地点ともなる東京駅に新たにオープンする “寄港地” で、憩いのひとときを過ごしてみてはいかがだろうか。

店舗所在地は、東京都中央区八重洲2-1八重洲地下街 北1号。営業時間は、平日8時~22時30分、土日祝日9時~22時。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング