あの「オレオ」がグラノーラに変身!?親子で作れる簡単おやつセミナーを体験

えん食べ / 2014年9月24日 17時0分

写真

オレオがオシャレなおやつに変身?

ココアクッキーにクリームがサンドされたおなじみのお菓子「オレオ」。筆者も子どもの頃から親しんでいますが、なんと日本に上陸して25年以上にもなるとか。

そんなオレオを使った親子向けクッキングセミナー「LEE 暮らしのデザインカレッジ」が開催されると聞き、新しいオレオの魅力を知るべく筆者も参加してみることにしました。

◆砕いて混ぜるだけ!「オレオのグラノーラ風おやつ」を親子で体験

ファッション誌『LEE』が主催する同イベントは9月21日に行われ、50名ほどの親子が参加。講師には料理研究家のワタナベマキさんが招かれました。

自身も小学生のお子さんを持つワタナベさん。おやつに関しては栄養面を考慮しつつ、毎日のことなので簡単なものを作ることが多いとか。この日は「オレオのグラノーラ風おやつ」の作り方をはじめ、アレンジスイーツやオススメのドリンクを紹介してくださいました。

「オレオのグラノーラ風おやつ」の作り方は、砕いたオレオと好きなドライフルーツやナッツなどの素材を合わせるだけ。オレオは食感が楽しめるよう4等分くらいに割り、チャック付きバッグの中で混ぜればそのまま保存もできて簡単です。

今回用意された素材は、マンゴーやクランベリー、アーモンドなど20種類。バニラやストロベリークリームのオレオに合う素材を親子で選びながら、次々とオリジナルグラノーラが作られていきます。

完成したところで早速試食。ワタナベさんによると、ミルクやヨーグルトと合わせるのがおいしい食べ方とのこと。さらにオレオの“ビッツサンド”や“チョコレートバーミニ”をトッピングすると、パフェのようなゴージャスなおやつに!甘みを出したい時はハチミツ、メープルシロップなどで調整しましょう。

「オレオは甘みとクリームの油分があるので後から味付けがいらず、バランスのいいグラノーラが作れます」とワタナベさん。ほかに豆乳やアイスクリームと合わせるのもオススメだそうです。

◆さらにこんなアレンジも

このほかにもオレオのアレンジスイーツとして、砕いたオレオとレモンの皮を合わせた「オレオとアーモンドのレモンケーキ」とティラミス風に仕上げた「オレオとヨーグルトのスコップケーキ」が紹介されました。オレオのビターな味は、爽やかなレモンやヨーグルトと組み合わせると大人も子どもも楽しめるおやつが作れるといいます。なお、レシピはセミナーの模様とともに11月7日発売の『LEE』誌面に掲載されるそうですよ。

また、オレオを浸して食べる“ダンク”用ドリンクとして、スパイスティーや子ども向けカフェインレスティーも振る舞われました。見慣れたお菓子が立派なおもてなしスイーツへと変身するアイデアにどれも脱帽です!

◆かわいい!オレオのオリジナルグッズが当たるキャンペーンも

なお現在ヤマザキナビスコでは、オレオのオリジナルグッズが当たる「マイスイーツオレオ!グッズプレゼントキャンペーン」も実施中。対象製品に付いている「N マーク」を集めて応募すると、抽選で「オレオワッフルメーカー」や「オレオカフェセット」がプレゼントされるそうです。キャンペーン期間は2015年1月31日まで。

イベントでは、子どもたちが楽しそうに作ったり食べたりする様子が印象的でした。親子で一緒に作って食べるおやつは、簡単なものでもいつもよりずっとおいしいはず。みなさんも是非試してみて下さい!

えん食べ

トピックスRSS

ランキング