プレミアムなお酒とともに、プレミアムな一夜を--「一夜限りの Rakuten Bar」開催

えん食べ / 2014年11月28日 18時20分

写真

プレミアムなお酒を楽しむ「Rakuten Bar」に潜入

インターネットショッピングモール・楽天市場の企画によるイベント「一夜限りの Rakuten Bar」が、11月27日、楽天カフェ(東京都渋谷区)で開催されました。イベントには、『孤独のグルメ』原作者の久住昌之さんやフレンチレストラン「サロン・デ・サリュー」(東京・西麻布) オーナーソムリエの伊藤寿彦さんなどが登場し、プレミアムなお酒と時間を参加者とともに楽しみました。

久住さんと伊藤さんによって行なわれたトークセッションのテーマは「プレミアムなお酒と時間の過ごし方」。

久住さんの作品『孤独のグルメ』は、主人公・井之頭五郎が飲食店に入り、一人で食事を楽しむ様子をひたすら描いた作品です。五郎にとっては、「一人で食事を楽しむ時間そのものがプレミアムな時間だ」と、久住さんは話します。

久住さんが同作を執筆しはじめた1980年代は、五郎のように“ぼっち飯”を楽しむ人は男性が中心。作品の購入者も40代の男性が多かったそうです。インターネットが普及した現在では、さまざまな年齢・性別の人が“ぼっち飯”を楽しむ様子をブログに掲載したりしていますが、五郎のように「誰にも邪魔されず自由」に食べる時間は、何物にも変えられないのかもしれません。

伊藤さんは、世界で最も権威ある酒類コンペティション「IWC(International Wine Challenge)」のテイスティング審査員も務める人物。伊藤さんにとっては、お酒も含めた“食空間”がプレミアムな時間。肩肘を張らず、食空間を楽しんで欲しいと話します。

会場には、楽天市場で販売されているお酒の中から、「プレミアム」をテーマに伊藤さんが選んだものが提供されました。例えば、政府が世界各国の要人にふるまったスパークリングワイン「アルガブランカ ブリリャンテ 甲州2008」(山梨県/勝沼醸造)。5,000本しか生産されない非常に稀少なものです。

このほか、英国ロンドンで4合瓶に14万円の値がついた日本酒を生んだ渡辺酒造店(新潟県)の「根知男山 純米吟醸」、沖縄本島から400km 離れた海に浮かぶ南大東島で作られているスピリッツ「コルコル アグリコール」(沖縄県/グレイスラム)、ウイスキー「ジャックダニエル テネシーハニー」(アメリカ/ジャックダニエル)など、用意されたお酒は15種類。

参加者は、伊藤さんによる解説を聞きながら、稀少なお酒や世界が認める味を楽しみました。

年末年始に向けて、お酒や食事を楽しむ機会もたくさんあります。誰かと過ごすプレミアムな時間も、一人でお酒や食事と向き合うプレミアムな時間も大切にしたいものです。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング