ミシュラン掲載店の弁当が届く!? LINE が始めたフードデリバリーサービス「LINE WOW」を試してみた

えん食べ / 2014年12月2日 11時30分

写真

LINE の新サービス「LINE WOW」で届くお弁当とは…?

LINE が、“これまでに無いプレミアムなメニュー”を配達してくれる新たなサービスとして、フードデリバリーサービス「LINE WOW」を開始しました。第1弾として提携が発表された6店舗は、すべておいそれと行けない高級店ばかり。これまでデリバリーを行なっていなかった店もあります。加えて価格も4,200円~1万円と、とても“プレミアム”なのです。

高級店が手がける4,000円オーバーのお弁当とは、一体どのような仕上がりなのでしょう。実際に LINE WOW で注文してみました。

◆アプリで注文

注文は、同名のアプリ「LINE WOW」(iOS 6.1以降/Android は準備中)から行ないます。アプリを立ち上げ、希望日とメニューを選択後、個数と配達希望時間帯を指定し、住所などを入力します。

販売されているメニューは6店6品。日によって提供メニューが異なります。前日までの予約が必要(メニューによる)で、届けてもらえる時間帯は平日の11時から13時の間と、サービス開始直後というだけありかなり限定されています。また配達可能エリアは渋谷のみです。

【販売メニュー】

●秋本(麹町)「共水うなぎ うな重」(4,700円)

●ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー(広尾)「フレンチフルコース BOX“Solo”」(1万円)

●おざき(麻布十番)「会席弁当」(1万円)

●小熊飯店(千駄ヶ谷)「フカヒレ姿煮込み丼」(9,900円)

●二戀(広尾)「二戀謹製 四季菜弁当」(6,500円)

●とり喜(錦糸町)「とり喜の拘り弁当」(4,200円)

取扱いメニューを見ると、確かに有名店ばかりが名を連ねています。それにしても、最低価格は4,200円。…高い。高いぞ!お店で食べるよりは安いかもしれませんが、お弁当としてはかなり辛い価格。そのぶん、中身への期待は高まります。

◆配達は爽やかイケメンが担当

配達は、LINE WOW 専任スタッフが担当しています。役員ランチミーティングなどでのサービス利用も想定しているため、“秘書ウケ”が良いようにと爽やかなイケメン青年が採用されているのだとか。

到着の連絡を受けたので外へ出ると、大きな配達用の袋を持った青年が待っていてくれました。配達バイクはロゴ入りの黒いバイク。シックな黒いユニフォームもきまっています。さらに、ただイケメンというだけでなく、接客態度が実に爽やか。テキパキと受け答えしてくれます。気持ちよく商品を受け取れるって大切ですよね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
えん食べ

トピックスRSS

ランキング