「パティシエ エス コヤマ」2015年バレンタインコレクションを先取り!“おいしい”を超える体験が待っていた

えん食べ / 2014年12月3日 17時0分

写真

世界中が注目する最新チョコレートを試食!

人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」の2015年バレンタインアイテムお披露目会が、先日都内で開催されました。

世界最大のチョコレートの祭典「SALON DU CHOCOLAT PARIS(サロン・デュ・ショコラ)」で数々の受賞歴があるオーナーシェフの小山進氏ですが、2014年は「C.C.C(Club de Croqueurs de Chocolat)」最高位の「ゴールドタブレット+☆」とともに、外国人ショコラティエとして最も栄誉のある「Excellence chocolatier etranger」を W 受賞したそう。

お披露目会では、「ゴールドタブレット+☆」を獲得した4作品と、以降に手がけた新作から3作品のチョコレートが来場者にふるまわれました。

◆あらゆる“SENSE”がテーマの「C.C.C」受賞4作品

今年「C.C.C」に出品した作品のテーマは“SENSE”。“おいしい”、“嬉しい”、“楽しい”など小山氏の50年の人生で生じた様々な感情を背景に、五感の全てでキャッチした感覚の集大成だそうです。

まずはシエラネバダとトゥマコ、それぞれ女性と男性をイメージさせる2種のカカオが使われた「2colombie(ドゥ・コロンビー)」。食感の異なる2層のコントラスト、苦味と酸味のバランスが絶妙で、食べ終わってすぐにもう1つ食べたい!と思わせるチョコレートです。

続いては「桜の葉&フランボワーズ」。散り始めた桜から、“美しくもはかなげな後ろ姿の着物の女性”をイメージして作ったそう。口に入れると、桜の香りが風船を割ったようにぱっと広がります。塩を使わず仕上げているそうで、全体的にやさしい味わいがはかなげ。一瞬で過ぎゆく春の情景が浮かび、ちょっぴり切なくなりました。

「こがし醤油」は、鉄板で熱せられた醤油が焦げる直前に放つ香りをショコラに応用したというチョコレート。といっても“和風”が前面に押し出されているわけではなく、醤油のまろやかさと香ばしさがチョコレートへ自然に溶け込んでいて、口に含むと濃厚なキャラメルのように広がっていきます。トッピングにあしらわれた「料亭の粉しょうゆ」がスパイシーなアクセントになっています。

4作品の最後は「抹茶&パッションのプラリネ」。プラリネが口の中で水分を含み、味覚を得るまでの時間差を活かしたストーリー性のあるチョコレート。抹茶の苦味から最後のフルーティーな酸味まで、一粒がとても長い時間楽しめるように感じます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
えん食べ

トピックスRSS

ランキング