吉祥寺「スパ吉」の超濃厚ミートソースに“納豆”をトッピング--見た目はカオスでも味は最高!

えん食べ / 2014年12月6日 15時0分

写真

たとえばモッチモチの生パスタ、とかね…

2014年もいよいよ年の瀬を迎えています。やり残したこと、食べ忘れているもの、ありませんか?

ところで、東京・吉祥寺には、ファンから“唯一無二”と崇められる絶品生パスタのお店があります。その名も「スパ吉」。ランチタイムには列ができる人気店なので、すでに食べたことがある方もきっといるでしょう。

ずっと気になっていたお店なのに、なんやかやと機会を逃してはや数年…今年中に絶対に食べておきたい!ということで慌ててお店へ向かいました!

スパ吉は、個性あふれるお店がひしめく人情系商店街“ハーモニカ横丁”の一角にあります。真っ赤な看板と、「ゆであげ生麺のパスタ専門店」と書かれたのぼりが目印。

ランチタイムをちょっと過ぎた13時半頃訪れたにも関わらず、筆者の前には7人ほどが列を作っていました。

メニューを見ながら待つこと15分ほどで店内へ。オープンキッチンのすぐ隣の席に案内されたので、お兄さんが美しい手さばきで麺をゆでる臨場感を肌で感じることができます。

それはさておき、肝心のオーダー。今回は、スパ吉の定番人気「ミートソース」(930円)と「スパ吉流カルボナーラ『清水屋』のキムチのせ」(870円)を注文することに。ミートソースにはトッピングができるので、納豆(50円)とモッツァレラチーズ(100円)をお願いしてみました。ミートソースに納豆って、果たしてどんなお味なのかしら…人生初の組み合わせに胸が躍ります!

●ミートソース with 納豆・モッツァレラチーズ

しばらくすると、ホカホカと湯気の立ったミートソースパスタが運ばれてきました。モッツァレラチーズと納豆、しっかりのっています。発酵食品マニアとしては、発酵(チーズ)×発酵(納豆)の組み合わせ、たまりません!

と、店員さんから「全体をぐちゃぐちゃに混ぜてから食べてください」とのこと。御意!

さらに粉チーズをかけて、スプーンとフォークで上から下までごちゃっとかき混ぜると…全体がなんていうかすごく粘りが出て茶色くなりました。うん、ちょっと不安!でもさっそく食べてみます。

一口含むと、納豆の“発酵感”ともったりした粘りが濃厚なミートソースと絡み合って、斬新かつものすごく美味しい!ミートソースの味は濃いめですが、チーズのおかげでまろやかになっています!

まるで“豚骨ラーメン”のように、グツグツと20時間(!)も煮込まれているという同店こだわりのミートソースは、カラメルのような香ばしい味わい。焦げ付く寸前まで煮詰まった、ぎゅうっと凝縮された旨みが口いっぱいに広がります。そこに、納豆と香り高いチーズが絶妙なコクをプラス。一見すると混沌としそうなのに、驚くほどのまとまり感です!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
えん食べ

トピックスRSS

ランキング