【実食】ホップとレモンの出会い「キリン フレビア」--こんなフレーバービールを待ってた!

えん食べ / 2014年12月12日 17時0分

写真

ちょっとでもクリスマス気分になりたい

キリンビールとセブン&アイ・ホールディングスが共同開発した発泡酒「キリン フレビア レモン&ホップ」。フルーティーなホップにレモンの果汁を加えた“フレーバービアスタイル”の発泡酒として、セブン-イレブンなどで先行販売されています。

世の中はクリスマスムード全開。いつも晩酌に缶ビールを選ぶ筆者も、何だか華やかなグリーンボトルが気になったので飲んでみることにしました。

◆キリン フレビア飲んでみた

外国のビールのようなスタイリッシュで明るい色調のパッケージは、女性が片手でも持ちやすいスリムなデザイン。容量は300ml で、ちょっと飲みたい時にも丁度いいサイズ感です。

キャップを開けてグラスに注ぐと、レモンの爽やかな香りがぱぁっと広がります。

ひと口飲んでみると…あれ、全然苦くない!?というかちょっと甘い!ビールのような発泡酒をイメージしていたので、かなりのギャップに衝撃を受けました。

といってもべったりとした甘さではなく、フレッシュなレモンの酸味が引き立つほのかな甘さ。軽やかでスッキリとした飲み心地なのに麦の味わいもしっかり感じられ、ビールが苦手で避けていた人からビール好きまで幅広く満足できそうです。

◆キリン フレビアはスイーツや果物にも合うぞ!

ちなみにフレビアは、甘いものと合わせるのもオススメ。セブン-イレブンで一緒に買った商品で色々試したところ、個人的にはチーズケーキやカットフルーツといった、少し酸味のあるものと相性が良いと感じました。色々な食事が出るクリスマスパーティーや忘年会で、手土産として持参しても喜ばれそうです。

日本ではあまり聞き慣れない「フレーバービール」ですが、海外ではビールをレモネードで割った「ラドラー」や、ビールにベリー、ピーチ、コーヒーなどを加えた「ミックスビール」などが若者を中心に浸透しているそう。最近は日本のコンビニやスーパーでもビール系飲料のバラエティが増えており、フレビアもこれまでと違ったビールの楽しみ方として人気が出るかもしれません。

えん食べ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング