さくら学院が初代生徒会長・武藤彩未に繋いだバトン

エンタメNEXT / 2014年11月21日 5時0分

さくら学院は新曲『ハートの地球』を披露

~TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS DAY.4~Pop'n アイドル03~
ライブレポート
 
 
 11月20日、『TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS
DAY.4~Pop'n アイドル03~』が恵比寿・LIQUIDROOMにて開催された。この日は℃-ute、さくら学院、Dorothy Little Happy、武藤彩未という4組のアーティストが出演し、チケットはSOLD OUT。客席は目当てのアイドルのTシャツに身を包んだ精鋭でいっぱいだ。イベントのライブレポート、まずは第一弾をお届けする。 開演時間になると、タワーレコードの嶺脇社長が自らステージに現れた。「今日は天気がね……やっぱり雨っていう。わかる人にはわかると思うんですけれど、今土砂降りですからね」とまずは挨拶。〝わかる人〟でいっぱいの会場は爆笑に包まれた。「(今回のイベントは)簡単に言うと、僕が観たいアイドルさんを呼んだ」という簡潔過ぎるイベント主旨に会場からは笑いと歓声があがった。そう、この日はまさに嶺脇フェスティバルなのである。
 
 出演順に簡単な挨拶があった後、まずトップバッターであるさくら学院が颯爽とステージに現れた。1曲目は『ハートの地球』からスタート。手にしたショッキングピンクのポンポンをうまく使い、ハートマークやアルファベットを型取ったフォーメーションで会場を元気に盛り上げる。課外活動もあり、以前よりも全員で集まって練習する時間を取ることも難しいであろうに、きっちりと徹底的に作り込まれたフォーメーションには目頭が熱くなる。
 
 続く『負けるな!青春ヒザコゾウ』では「みなさん、楽しんでますかー!?」とステージ左右のお立ち台に上ってオーディエンスを煽った後、『ベリシュビッッ』でアッパーチューンを続けて披露。
 
『ハートの地球』では、ボンボンを使ったビジュアルワークが楽しい
 その後のMCパートでは「さくら学院は普段、学校生活をテーマにしているんですけど……次の曲には合唱が入っています。みなさん、合唱コンクール思い出せますか? 何年前? 何十年前?」という無邪気な質問に会場がなんともいえない温かな空気に包まれた後、『Jump Up ~ちいさな勇気~』『School days』を歌いきる。
 
 イベントで改めて見ると、さくら学院がいかに特殊なユニットであるかを実感させられる。清々しいまでに清楚で、こんなに激しくきっちりとダンスをそろえつつも、制服のプリーツスカートの中身が覗いてしまうような振り付けはない。そこにはただ、限られた時間を駆け抜ける少女達の美しい青春があるだけなのだ。
 
『夢に向かって』では会場から物凄い数のフラッグがあがった。この日のブッキングをみると、もう少し動員分布もわかれてしまうのかと思いきや、さくら学院の学院祭なのかと錯覚してしまう程であった。その勢いは会場後方まで伝わって、フラッグを持っていない観客までステージに向かって手を振っている。
 
 そして何といっても、この日1番のハイライトは水野由結のMCだった。
 
「彩未ちゃんはさくら学院の初代生徒会長であり、由結がこの世界に憧れるきっかけになった人です。彩未ちゃんは由結にとってもさくら学院にとっても、ずっとかけがえのない存在です。彩未ちゃんの代から歌われているこの曲で、ステージを引き継ぎたいと思います。聴いてください、『FRIENDS』」
 
 感動的な言葉で、さくら学院OG武藤彩未にバトンを繋いだ。水野だけではない、生徒も皆同じ気持ちなのであろう。全員で結束し、力強いパフォーマンスで初期の楽曲を歌いきり、生徒達は最後の最後まで客席の父兄と手を振り合った後、深々と頭を下げて彼女達はステージから去って行った。卒業生から受け継がれたさくら学院のドラマは、まだまだ続いていく。
 
 
 
さくら学院 セットリスト
1.ハートの地球
2.負けるな!青春ヒザコゾウ
3. ベリシュビッッ
4. Jump Up~ちいさな勇気~
5. School Days
6.夢に向かって
7. FRIENDS
清純かつ息のあったパフォーマンスは、もはや感涙をも誘う
photo 埼玉泰史   achico 寝ても覚めてもアイドルポップ!なOL / フリーライター。東京生まれH!P POP育ち。日々、アイドルに踊らされています。

entamenext

トピックスRSS

ランキング