モーニング娘。を大きな愛で育てた人、道重さゆみ

エンタメNEXT / 2014年11月21日 7時0分

モーニング娘.'14『TIKI BUN/シャバダバ ドゥー/見返り美人』

 「あと6日間、よろしくお願いします!」と、昨日の浜松でコンサートで彼女の口から聞いて、じわじわ実感がわいてきた。モーニング娘。6期メンバーで8代目リーダーの道重さゆみが、11月26日に横浜アリーナで卒業する。グループ史上最長の在籍日数で、12年ものあいだモーニング娘。を支えてきた。 道重と言えば、その発言が注目されることが多い。彼女の言葉の力は本当に強い。心をすり減らしながらグループを知ってもらうために、と出演したバラエティや、トーク力を培ったラジオなど、彼女がここまで来るのには、話すということが大きな意味を持っていた。注目されたのは毒舌やナルシストな発言だったが、何よりもまっすぐに想いを表現することが彼女の素晴らしさだと思う。

 彼女はファンへの感謝、メンバーへの叱咤激励、家族への愛、そして自分が考えていることを、包み隠さず話す。そこまで話す必要はないのに、と思うくらいにストレートに、彼女らしい言葉で、わたしたちに伝えてくれる。それはときに厳しく聞こえることもあるけれど、根底には深い愛がある。愛があるからこその、毒舌やわがままだ。だから、それを言ってもらえることは、ファンとして光栄なことでもある。

 彼女の言葉で印象的なのが、ラジオ『モーニング娘。道重さゆみの今夜も♥うさちゃんピース』で話していた、「この”さゆみ”と一生付き合っていかないといけない」という発言。当たり前のことだけど、とても残酷なことでもある。自分は自分でしかなくて、他人のようには生きられない。他人が簡単にできることも、自分には難しい。それを受け入れるのには、覚悟がいる。自信家でナルシストに見られることもあるけれど、そうやって彼女は自分と向き合い、努力し、少しずつ前へ進んできたのだ。

 アイドルとして、ファンが見たい最高のものを見せてくれるけど、キレイゴトは言わない。目指すところは高いけど、現実をしっかり受け止めている。彼女の魅力は飾らず、人間くさいところだと思う。

次ページは「グループを育てた道重の愛」道重から、若いメンバーへ託されるバトン

 彼女の卒業により、モーニング娘。で知っている人がいなくなる、と言われることもある。そして、9期以降の若いメンバーだけになるモーニング娘。がどうなるのかを、心配する人も多い。でもモーニング娘。が好きでモーニング娘。になり、メンバーになってからもモーニング娘。を愛し続けてきた彼女が、「この子たちなら大丈夫」と今のメンバーにバトンを渡すことを決意したのだ。

 彼女は、昨年の秋ツアーで「後輩たちが頼もしくなった」と話した。どうしても、今の体制になって道重さゆみと後輩たち9人と見られるだろうし、後輩たちからは「道重さんに追いつきたい」ということがよく言われていた。それがその道重の言葉で、改めてひとつのグループになったような気がした。芸歴も年齢も違うけれど、今の10人でのモーニング娘。を彼女たち自身が好きで、大きな自信と誇りを持っている。

 道重の卒業にむけて、思い出をいっぱい作ろうと楽しそうにしている10人の姿は本当に愛おしい。ハワイでみんなで手を繋いで歌ったこと、オフの日に全員で集まってたこ焼きパーティーをしたこと、全員で同じTシャツ&うさちゃんヘアーで道重の最後のリハーサルを行ったこと。その中で、道重本人がとても楽しそうにしていること。誰かが加入し、誰かが卒業することを繰り返すのがモーニング娘。だと分かっているけれど、それを見ているとやっぱり、もっとこの10人を見ていたいな、なんて切ない気持ちにもなったりする。

 そうやって、大きな愛をもって作り上げられた今のモーニング娘。の集大成が、11月26日の横浜アリーナ公演となる。そこで9人のメンバー、そして12期として加入する4人に道重からモーニング娘。が託される。

 道重の大きな愛で育てられた13人の新しいモーニング娘。は、その気持ちを受け継ぎ、もっと大きな愛でモーニング娘。を育てていくのだろう。どうなるのか想像はつかないけれど、きっとまた素晴らしいグループを作り上げてくれるはずだ。

 横浜アリーナ公演のチケットはソールドアウトし、ライブビューイングは日本だけでなく海外でも行われることとなった。昔は自分のTシャツを着ている人はほとんどいなかったと彼女は言っていたけれど、26日の横浜アリーナはきっとピンクでいっぱいになる。それだけ、彼女はたくさんの人に愛されている。

 これまで身を挺して頑張り続けた彼女の、モーニング娘。のためではない、道重さゆみとしての幸せな人生を祈り、愛と感謝をもって、モーニング娘。道重さゆみ最後のステージを見届けたいです。


[卒業公演寄稿]
モーニング娘。道重さゆみという壮大な物語の終わりと、新たなモーニング娘。の始まり
モーニング娘.'14『TIKI BUN/シャバダバ ドゥー/見返り美人』
東海林その子 メジャーどころを中心に、女子アイドルを追いかけています。女の子が変化する一瞬一瞬を見逃したくないです。

entamenext

トピックスRSS

ランキング