AKB48高橋みなみが来年12月の卒業を発表!

エンタメNEXT / 2014年12月9日 7時0分

AKB48を卒業することを発表した高橋みなみ (c)AKS

 AKBグループ総監督の高橋みなみが8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたAKB48劇場9周年特別記念公演で来年12月の卒業を発表した。 公演が残り1曲となったところで、あいさつに立った高橋は、メンバーとの別れや多くの困難を乗り越えながらも9周年を迎えることができた喜びと感謝の気持ちをファンに伝えた。

 そのうえで「ここで私から一つ発表させてください」と切り出すと、「私、高橋みなみは、2015年12月8日をメドにAKB48を卒業します」と1年後のグループ10周年を機に卒業することを発表した。
 
 異例ともいえる1年前での卒業発表について「私はAKB48グループの総監督です。メンバーに引き継ぐ時間、猶予をいただくために、このタイミングでの発表とさせて頂きました」と理由を説明。

 続けて、後任となる次期総監督に「私にとって素晴らしい後輩です」と横山由依を指名した。
(左から)横山由依、高橋みなみ (c)AKS
 最後に高橋は、「ただ一つ言えることは、悲しいことではないということです。『AKB48』は来年10周年、大切な1年です。私もこのグループに10年いられたということはとてもうれしいですし、10年で終わるようなグループではないと思っています。11年目に繋げてほしい。大丈夫だと思っています」と胸中を吐露。

 そして、「私なりに一生懸命、横山由依と残されたメンバーたちにバトンをつなげたいと思いますので、これからもどうぞAKB48グループの応援をよろしくお願いします」と、涙を流しながらも笑顔で締めくくった。
AKB48の始まりの曲である「桜の花びらたち」を歌う、(左から)小嶋陽菜、横山由依、高橋みなみ、峯岸みなみ (c)AKS
 この日の公演には100人以上のメンバーが集結し、全24曲を披露。

 ステージはチームごとのパフォーマンスで幕開けし、チーム4に続き、今年4月に結成されたチーム8も登場した。

今や恒例となっている期ごとのユニットコーナーも催され、15期生は国立競技場で納得いくパフォーマンスができなかったという『Baby Baby Baby』でリベンジを果たした。

 また、9期生はSKE48に移籍した大場美奈と山内鈴蘭に向けて『思い出のほとんど』を、5期生は“初心に戻るため”と『ごめんねジュエル』を歌唱せずバックダンサーのパフォーマンスのみで披露と、同期と話し合って決めた楽曲で、期ごとの個性を表現した。
国立競技場でも披露した『Baby Baby Baby』をパフォーマンスする15期生 (c)AKS
 そんな中、2期生は唯一AKB48に在籍している小林香菜が『泣きながら微笑んで』をしっとりと歌い上げると思いきや、「こういう歌よりも…」と『16人姉妹』に突然切り替えて、その場で衣装もチェンジ。すると「ひとりじゃ無理」という小林をサポートするため、姉妹グループへ移籍した梅田彩佳と宮澤佐江もサプライズで登場し、9周年に花を添えた。

 なお、当日は9周年であると同時に10周年に向けた第一歩ということで、来年12月8日の19時に向けてカウントダウンをしていく時計のオブジェも登場。今後オブジェは、ロビーに飾られてAKB48が10周年となるその日まで時を刻み続けるという。
1年後のAKB48の10周年にむけて、そして高橋みなみの卒業へのカウントダウンが始まった (c)AKS

entamenext

トピックスRSS

ランキング