1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

荒木飛呂彦の伝説的初連載『魔少年ビーティー』を西尾維新&出水ぽすかの奇跡のタッグが描く

エンタメNEXT / 2021年9月17日 15時34分

(C)荒木飛呂彦・西尾維新・出水ぽすか/集英社

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ作者である荒木飛呂彦氏の週刊少年ジャンプ初連載作品『魔少年ビーティー』を、『めだかボックス』の西尾維新氏原作『約束のネバーランド』の出水ぽすか氏作画という超豪華タッグが読み切りで描く。

【画像】『約束のネバーランド』出水ぽすか氏作画による『魔老紳士ビーティー』カット

あらゆる手品や奇抜なトリックを自由自在に使いこなす不思議な転校生・ビーティーは友人の公一と共に様々な怪事件を体験するー。1982年42号から51号にわたって掲載され、いまだ根強い人気を誇る本作。西尾維新氏原作、出水ぽすか氏作画による読み切りのタイトルは『魔老紳士ビーティー』。

その名の通り、舞台は『魔少年ビーティー』の60年後。老いてもなおクールショックな姿を見せつけるビーティーと、固い友情で結ばれた公一の前に、あの男が現れ…!?

巨匠・荒木飛呂彦氏の渾身のデビュー作でありながら、すでに荒木ワールド全開の『魔少年ビーティー』。超レア読切『魔老紳士ビーティー』はカラー付き総51ページのボリュームで、10月19日(火)発売だ。

【あわせて読む】サザエ役は再び藤原紀香、舞台『サザエさん』が上演決定、豪華キャストが解禁

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング