新体制・夢みるアドレセンスが語る重圧をはねのける絆の力(2)「自分はアイドルから程遠いと…」

エンタメNEXT / 2020年9月30日 7時1分

夢みるアドレセンス(左から鳴海寿莉亜、山口はのん、山下彩耶、白川蘭珠)

昨年12月21日に4人体制として再スタートしてから約9ヶ月間活動を続けてきた“新生”夢みるアドレセンス。まだ活動歴が浅く、加えてこのコロナ禍のなかで「夢アド」の看板を背負うことになった山口はのん、山下彩耶(共に2017年12月加入)、白川蘭珠、鳴海寿莉亜(共に2019年12月加入)の4人にとってここまでの道のりは決して平坦なものではなかっただろうが、グループにとって約1年半ぶりの新譜となるアルバム『SUPER JET SUPER』を9月30日に発売することが出来たのは、彼女たちにとって大きな前進となったはずだ。今回、そんな「夢アド」の4人にインタビューを行い、現在のメンバー同士の関係性やグループに対する想いなどを語ってもらった。(3回連載の2回目)

【写真12点】個性豊かな「夢みるアドレセンス」メンバーの撮り下ろし写真

   *      *     *

──それぞれ夢みるアドレセンスに加入した経緯を教えてほしいのですが、まず山口さんと山下さんは3年前に同じオーディション(「なれんの!? 夢アド!?」オーディション)を受けていたんですよね。

山口 もともとはモデルさんになりたくて関西でモデルのお仕事をしていたのですが、ちょうどそのときに出演した「関西コレクション」で夢アドの新メンバーオーディションを関コレとコラボでする発表があって。私、もともとメンバーさん達のことを知っていて、「モデルもしながらアイドルもしていて、すごくカッコイイな」と思っていたので、チャレンジしてみようって思いました。

──先輩メンバーでは特に誰に憧れてたんですか?

山口 私は志田友美さんです。小学生のときに「サン宝石」っていう雑貨屋さんのカタログを頼んでいたのですが、そのカタログの表紙に友美さんが載っていて「めちゃめちゃ足長くて細くて可愛いな」って思っていました。その人がアイドルだってことを知ったのはその関西コレクションのときだったんですけど、「いいなぁ、輝いてるなぁ」って憧れていました。

山下 うんうん。彩耶も「サン宝石」頼んでた。懐かしいね。

──山下さんはなぜオーディションを受けたんですか?

山下 彩耶も同じく夢アドを知ったきっかけは志田友美さんで、最初は単独のモデルさんとして知って、友美さんを辿っていったら夢アドに辿り着きました。私、北海道出身なのですが、東京にTIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)を観に行ったときに夢アドさんも出ていて、そこで惹かれたのがオーディションを受けたきっかけでもあります。



──白川さんはもともと今の事務所からスカウトされていて、そのオーディションがあったときにも実は声を掛けられていたそうですね。

白川 声をかけられたというか、オーディションの様子を見に行っていたという感じでした。そのあとに新メンバー3人(山口、山下と卒業生の水無瀬ゆき)が加わって「またすごく良いグループになったな~」ってファンとして見ていたのですが、MVやSNSやライブを観ているとすごくキラキラしていて、「何かを頑張るってカッコイイな」って……。そんなときに事務所の方から声を掛けて頂いて……。

──今度はやってみようと思ったんですね。先輩メンバーは誰が好きでした?

白川 ホントにみんな好きなんですよ(笑)! みんな好きなんですけど、ライブを観に行かせてもらったときに特別に2人(山口・山下)とお写真を撮らせてもらったことがあって……(笑)。2人が入る前は志田さんが好きって言っていたので、そのとき志田さんに「推し変だ!」って言われました(笑)。

山下 そうなんですよ。私、その楽屋に挨拶しに来てくださった女の子のことをすごく覚えてて。で、蘭珠ちゃんが入ってからいろいろ話していくうちに「アレが蘭珠ちゃんだったんだ!」っていうのが分かったんです。みんな居たなかで私とはのんちゃんに名指しで「好きです」って言ってくれたのがうれしかったです。

──その少し後にちょうど志田さんたちと入れ替わる形で加入したわけですね。鳴海さんも白川さんと同じタイミングで加入しましたが、どういった経緯で?

鳴海 もともと私は女優志望で事務所に入らせていただいたのですが、中学生の頃からAKB48さんや少女時代さん、KARAさんが好きで、MV とか『Mステ』を観て歌とかダンスをまねっこしていたんです。でも自分はアイドルから程遠いと思っていたので、大学1年生のときにアイドルじゃなくて女優を目指そうと思って事務所に入って。そしたらそこの看板タレントとして夢みるアドレセンスさんがいたんです。可愛いしカッコイイしスタイル良いし、私が同じ事務所に入っていいのだろうかって思うくらいのオーラがあったんですけど、そういう先輩方を見ているうちに「やっぱり私も諦めたくない精神」が湧いてきて……。マネージャーさんに相談したらちょうどそういうチャンスをいただけたので、入らせていただいたっていう感じです。

──特に憧れていた先輩はいるでしょうか?

鳴海 私はもう荻野可鈴さんですね。背も小さいし華奢なのに、あんなにパワフルなパフォーマンスをされるのがすごいなと思っていて。周りとか会場をガッと引っ張るようなパワーを出されていて、私もそういうパワフルなパフォーマンスをするがすごく好きなので憧れています。

>>(3)「途中で心が折れていたかも」は こちら


▽夢みるアドレセンス
2012年に人気ティーンファッション誌モデルを中心に、グループ結成。2019年12月20日で初期メンバーらが卒業。同年12月21日より山口はのん、山下彩耶、鳴海寿莉亜、白川蘭珠の4名体制で活動スタート。「カワイイの公式」をキャッチコピーに、次なるステージへと歩みを進めている。新体制初アルバム『SUPER JET SUPER』が絶賛発売中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング