“希望”田中美久がHKT48の新劇場オープンに胸膨らませる「新しい時代がはじまりそう」

エンタメNEXT / 2020年10月10日 7時0分

田中美久 撮影/佐賀章広

今年9周年を迎える HKT48。秋には新劇場のオープンも控え、HKT48はどう動き出しているのか…ドキュメンタリー形式で綴る短期集中連載がスタート。長年グループの活動を追い続けてきた元『週刊プロレス』記者で、『活字アイドル論』『ももクロ独創録』など多くの著書を持つ小島和宏氏がメンバーへの徹底取材を行い、HKT48の「今」に迫る。第6回目は、 田中美久が登場。初の試みであるオンライン握手会、そして新劇場のオープンへの希望を語る。(毎週土曜日午前7時公開)

※第5回目<“先駆者”HKT48田島芽瑠、SNSを駆使してソロ仕事を展開「チャンスは自分で掴むしかない」>は こちらから

【関連写真】田中美久、着衣プールに挑戦“19歳初グラビア”の破壊力にファン驚愕

みくりんこと田中美久は「月刊エンタメ」(徳間書店)誌上にて、かなり長期に渡って連載を続けてきている。

当初は矢吹奈子との「なこみく」としての連載だったが、矢吹がIZ*ONEの活動に専念することになり、一度は休止する流れに。ところが田中美久から「奈子が帰ってくるまで、私がこの連載を守っていきたい!」という強い申し入れがあったため、単独での連載として継続が決定。現在発売中の11月号からは新シリーズとして『みく散歩』がスタートしている。

その連載の取材で田中美久とは定期的にリモートで話をしてきた。

緊急事態宣言が出てからは撮影すらできなくなったので、家で料理を作ってもらい、他のメンバーと出来栄えを見せ合う、という企画を展開していたのだが、目に見えて料理の腕前が上達していっているのがわかるあたりにSTAY HOME期間のリアルな現実を見せつけられた。

「家族がお腹すいた、と言ってから作るので手際よく短時間で」と料理のポイントを語る田中美久は、ついには「小さい魚なら捌けるようになりました!」。忙しいアイドル活動を送っていた日々では、まず考えられなかったような話である。



6月ぐらいだったか、取材中に「もし明日から急に公演ができるようになったとしたらどうする?」という、ちょっと意地悪な質問を投げてみると「無理です! 体力が絶対に追いつかないから!」と田中美久は即答した。

「あのときはそうでしたよね。準備のしようがなかったじゃないですか? 以前は1か月先のスケジュールがなんとなくわかっていたけど、次のスケジュールがまったく決まっていない。それどころか、いつから活動が再開できるのかもわからなかったから……とにかく不安しかなかったですね。いまはもうバッチリですよ! いつでも、なんでもできます」

だからこそ配信ライブ『HKT48 THE LIVE』のスタートはメンバーにとっても朗報であり、この連載でも掘り下げてきたように、ライブのために本格的なボイストレーニングに励めたことは大きなモチベーションとなっていた。

「力はついてきているなって、自分でも感じます。なんていうのかな、違う方面から見た歌い方が身についたというか。私、ゆきりん(AKB48・柏木由紀)さんの『火山灰』という曲をこれまでも歌わせていただいてきたんですけど、今、歌ったら、きっと違う感じになるんだろうなって思うんですよ。それぐらい変わってきているし、みなさんの前で歌いたいですね」

田中美久は1月23日にTOKYO DOME CITY HALLにて初のソロコンサートを開催した。いまとなって思えば、なんの心配もなくイベントが開催できたギリギリのタイミングだったわけだが、ある意味、あの時点での「すべて」をファンの前で披露できたことは大きい。

この先、もう一度、ソロコンサートを開催することがあれば、コロナショックの中でいかに彼女が成長したかがよくわかるはず、だからだ。

「第2弾、いつかはやりたいですよね。あのソロコンも今年なんですね。なんか2020年は1年がアッという間に過ぎていった感じがします。でも、いまはとにかく、もっと踊りたい! やっぱりHKT48ってライブやコンサートがめちゃくちゃ楽しい、とファンの方に言っていただけていたので、その『武器』を取りあげられてしまったのは厳しいですよね。いままで当たり前だったことが、じつは当たり前ではなかったんだってわかったし、当たり前のようにできていたありがたみも知りました」



そんな逆境で田中美久はあることを考えていた。

「ライブもできない、テレビの歌番組の収録もなかなか難しい。でも、グラビアの撮影はできるようになってきているんですよ。活動の幅が狭まってきている今だからこそ、もっと雑誌とかにいっぱい載りたい! ゆきりんさんやさや姉(元NMB48・山本彩)さん、あとHKT48でいえばさくちゃん(宮脇咲良)がいろんな雑誌の表紙になっていたじゃないですか? 

私もいつかはそうなりたいし、コンビニや本屋さんに私が表紙の雑誌がたくさん並ぶことで新しく興味を持ってくださる方もいらっしゃるだろうし、HKT48にも興味を持ってもらえる。私自身も大人っぽいところを見せたいなって部分もあるし、どんどん挑戦していければいいなって。実際、表紙になったりすると、それがきっかけで私のことを応援してくださるようになった方がたくさん握手会に来てくださったりするんです」

このご時世、たくさんの人が集まり、接触を伴う握手会は開催できないが、HKT48では10月4日から「オンライン握手会」をスタートさせた。

これはLINE LIVEアプリを使用して、全国どこからでも参加でき、メンバーと顔を合わせて会話ができる。ある意味、究極のソーシャルディスタンスを守れるイベントである。

「はじめてだったので戸惑いや不慣れな部分もありましたけど、すごく楽しかったです。いつもは会場に来ていただく形だけど、今回はファンの方のお部屋の様子が見れたりするわけですよ。私のポスターが貼ってあったり……これは新鮮でしたね(笑)。

あと、いつもはお仕事で握手会に行けないというファンの方が職場から参加してくださるケースも結構、あったんです。いろいろ可能性は広がるなって思ったし、なによりも久しぶりの握手会だったので、とにかくファンの方の顔を見て、お話ができることがすごく楽しかったし、うれしかったです。次は新劇場のオープンですね!」



まったくスケジュールが見えなくて不安を抱えていた時期を乗り越えたら、次から次へと新しい予定が決まっていく。新劇場のステージに立った印象を田中美久はこう語る。

「広いように感じたんですけど、ステージに立ってみると客席との距離が近くて、ライブハウスみたいな感覚。これは公演で一体感が出せそうだなって楽しみになりました。ステージ裏も広いんですよ。昔の劇場のときは楽屋に荷物があったりすると、私たち3期生は入りきることができなくて、レッスン場を3期生の楽屋として使うことも多かったんです。4期生から下の世代は専用劇場を経験していないんですよね。それもあって新しい時代がはじまりそうな空気を新劇場から感じました」

旧劇場の立ち上げから関わっている1期生とは、やはり、ちょっと感覚が違うようだ。逆に1期生は楽屋に入りきれない、という経験はしてきていないわけで、そういう部分も含めて、新劇場では1期生、2期生、3期生がそれぞれの経験則から「専用劇場を知らない世代」にさまざまなことを教えていくことになるのだろう。いつまでも「次世代」のムードがあった3期生もすっかりお姉さんの立場になった。実際、田中美久に憧れてHKT48に入ってきた後輩もたくさんいるのだ。

そして3期生たちも、自分たちの立場で今後のHKT48をどうしていきたいのか、この1年間、しっかりと話し合ってきた。

「最初は『早く会いたいねぇ〜』ってグループLINEで話していたんですけど、だんだん活動に対する不安や、ここはこうしたい、みたいなことを話し合うようになって、それを3期生の意見としてスタッフさんに伝えるようにしました。3期生って控えめな子が多いので、いろいろ考えていても、それを口に出さないで自分の中で止めてしまう感じだったりしたんですけど、こうやって『3期生みんなの意見です』っていう形にすれば、どんどん声をあげやすい。これは(山下)エミリーがしっかりまとめてくれるからできること。エミリーはチームTIIのキャプテンでもあるし、みんなの話をちゃんと聞いて、それをスタッフさんにも伝えてくれるんです」

HKT48の中軸として、3期生も積極的に意見を出すようになっていた。これもまた新しいHKT48のカタチ。オンライン握手会や新劇場オープンと、HKT48は今日もまた一歩ずつ未来へと進んでいく。

【あわせて読む】HKT48 森保まどか、美脚が眩しいミニスカディーラー写真が「美人すぎる」と話題に

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング