マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤 『いいじゃん!』って最高に「いいじゃん!!」

エンタメNEXT / 2014年7月31日 7時0分

 西新宿在住のスーパーギタリスト“マーティ・フリードマン”が完全ドルヲタ宣言! 三度のメシよりJ−POPが好きという彼が、お気に入りのアイドルソングを鬼レコメンド!! 記念すべき第1回はTokyo Cheer② Partyの『いいじゃん!』をピックアップ。#01_Tokyo Cheer② Party 『いいじゃん!』


 この曲をはじめて聴いたのは、タクシーに乗っているときだったんだ。タクシーの後ろの席にモニターが設置されていて、いろんなCMが流れていることがあるじゃん? しかもタイトルが『いいじゃん!』でしょ。僕の決めゼリフをパクられた! って思いました(笑)。

 一番のポイントは、ボクの好きな〝ザ・J-POP〟を象徴しているところだね。曲のAメロ、Bメロは民謡みたいな日本のトラディショナルなメロディなんだけど、サビになると突然、歌謡曲風のメロディになってガラリと印象が変わるんです。サビで転調があったり、印象が変わるというのは、J-POPの特徴だね。R&Bも、ロックも、ヴィジュアル系の曲も、J-POPはみんな同じパターンを踏襲してると思うよ。

 ボクが生まれたアメリカの音楽には、Aメロ、Bメロとサビでガラリと印象が変わることがほとんどない。曲の頭から最後までずっと同じイメージ。ボクがJ-POPにハマったのは、こういう特徴的な変化があることなんだ。

 そして先にも言ったとおり、Aメロ、Bメロの民謡風のメロディが入っているというのもチャームポイント。これと同じことをハロー!プロジェクトが、「10人祭」の『ダンシング!夏祭り』でやっていたよね。この民謡とポップスをミックスするという手法も、アメリカではあまりない現象なんです。アメリカの音楽は日本ほど長い伝統がないから、こういうことをやりたくても出来ないんですよね。

 しかも注目なのが、この曲のラストのブレイクの部分。なんとアメリカのメタル/ハードロックバンド、「ガンズ・アンド・ローゼス」の大ヒット曲『ウェルカム・トウ・ザ・ジャングル』のエンディングと同じフレーズが入るの。民謡とJ-POPとガンズのコラボって絶対にありえないじゃん!(笑)。たぶん、曲を作った人やアレンジャーがシャレで入れちゃったんじゃないかな。でも、これを挿入できるのはメタラーの証拠。この曲を作った人は多少なりともメタルの影響がある人なんだろうね。

(構成・文/尾谷幸憲)
 

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!
【公式HP】http://www.martyfan.com/

entamenext

トピックスRSS

ランキング