池脇千鶴主演『その女、ジルバ』真飛聖、山崎樹範「40歳で素敵な友だちができるなんて、沁みますよね」

エンタメNEXT / 2021年2月4日 7時0分

東海テレビ・フジ系「その女、ジルバ」 左から前園真琴(山崎樹範)、村木みか(真飛聖)

放送初回に「オトナの土ドラ」シリーズ最高視聴率を獲得、連ドラ9年ぶり主演の池脇千鶴の等身大の演技が共感を呼んでいる『その女、ジルバ』。池脇千鶴演じる笛吹新と同じ職場で同世代の浜田スミレ(江口のりこ)と村木みか(真飛聖)に、新が秘密にしていた超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」でのバイトがばれたことで、なぜか仲良くなった3人。「40歳になっても友情が芽生えるなんて素敵!」「3人の絡みがもっと見たい」と徐々に仲を深めていく“倉庫3人娘”も話題だ。

【関連写真】池脇千鶴の徹底した役作りが話題に、『その女、ジルバ』場面カット

第4話では、BARに現れた元ホステスのチーママ(中尾ミエ)の語りからジルバママの壮絶な人生が明らかになり、人知れずスミレは希望退職届を出す展開に。それぞれの幸せを模索しながら生きる、リアルな女性の姿が共感を呼んでいる。

今回は、新が昼間に働く物流センター倉庫で同僚の村木みか役・真飛聖と、上司で元カレの前園真琴役・山崎樹範に、自身の役や池脇への印象、ドラマへの思い入れを聞いた。

     *     *     *

■真飛聖インタビュー
――村木みか役の印象は?

真飛 元々みかはできる女性で“なんで私がこんなところに”と思いながら倉庫勤務の3年間を送ってきました。セリフも文句ばかりで私としては“こんなにも文句を言うかな…”とは思いましたが、みかの立場になって想像してみると無理もないのかもしれません。

そんな中、ふとしたきっかけから同僚で同世代の新(アララ)やスミレと仲良くなるのですが、40歳でこんなに素敵な友だちができるなんて、沁みますよね(笑)。ただの同僚から少しずつかけがえのない友人になっていく過程も面白く、アララ、スミレ、みかは素敵な3人組だと感じながら演じています。

――撮影現場での池脇さんや江口さんとのエピソードをいただけますか?

真飛 3人の中で実年齢は私が一番上なので、同世代と言ったら少し申し訳ないのですが…。眠くなるタイミングやお腹が空くタイミングなど、体のリズムが一緒なんです(笑)。それがとても面白くて待ち時間に「もうお腹空いちゃったよね」「今、ちょっと眠そうじゃなかった?」と声を掛け合ったり、一緒にストーブで暖を取りながらまったりしています。アララ、スミレ、みかの“倉庫3人娘”と同じような、居心地のいい関係性になっていると思います。

――池脇さんの印象は?

真飛 今回共演するまでは映像でしか拝見したことがありませんでしたが、とても可愛らしい方という印象を持っていました。実際にお会いしてみると、声がとにかく可愛くて! 池脇さんの声を聞いていると、マイナスイオンを浴びている時のように癒されて、その場が和みます。

――BAR「OLD JACK&ROSE」のように、居心地のいい場所はお持ちですか?

真飛 犬を飼っているのですが、自宅のソファーで犬の横に自分も座るのがベストポジションです。気まぐれなので犬用のベッドがあるのにソファーで寝ているときもあれば、私のベッドに来て横にくっついてみたり、私の体の上で寝みたりと、とにかく可愛いんです。5歳のパグの女の子で「おもち」という名前です。

――新がBAR「OLD JACK&ROSE」と出会って人生が変わったように、真飛さん自身の転機を教えていただけますか?

真飛 宝塚歌劇団と出会った瞬間です。中学生の時に同級生の友人が『ベルサイユのばら』を見て宝塚にハマり、背が高くてバレエをやっていた私に「(宝塚を)受けてみれば?」と強く勧めてくれたのが宝塚を知ったきっかけです。その子が『ベルばら』を見ていなければ、私は間違いなく宝塚には入ってないわけで、宝塚を知らずに大人になっていたかもしれない。そうなると、今の芸能のお仕事もしていないと思うので、タイミングと縁が重なったと思います。

――視聴者の皆様にメッセージをお願いします。

真飛 出演者でありながら、私も一視聴者として「その女、ジルバ」を見るのにハマっています(笑)。いろんな方から「面白いね」という声もいただき、世代や性別関係なく、お姉さま方の格言のようなセリフが心に響いているのかなと思いました。コロナ禍で世間が後ろ向きになっていますが、お姉さま方の言葉を聞いて「そうだよね、そうだよね」と、私も勇気づけられています(笑)。

私たち倉庫勤務の3人組も人生の岐路に立ち、それぞれの選択をしていくので共感していただける部分もあると思います。誰もが何かしらの不安を抱えながら生きている中で、見渡せば手を差し伸べてくれる人がいる。そんなメッセージが込められているドラマです。みかも大きな決断を通じて強くなっていくので、その気持ちの変化も見ていただけると嬉しいです。

■山崎樹範インタビュー
――前園真琴役についてどのように捉えていますか?

山崎 新と婚約していたのに若い女の子に乗り換えて結婚して今では子供もいるという、とんでもない奴。でも、前園は基本流される生き方をしていて、それはそれでありだと僕は共感できるんです。家族をちゃんと守っているという意味では男としての役割を果たしているわけですから、根っからのクズではないと思いたい。視聴者の皆さんに嫌われすぎるのも良くないですし、しょうがない人だなと思って見てくださると嬉しいです。

――現場で印象に残ったエピソードはありますか?

山崎 根本和政監督が「僕はコメディを撮るタイプなので、やりすぎと思われるくらいの演技を求めるかもしれません」と仰っていたのですが、自分の演技を見た監督から「ちょっとやりすぎですね」と言われてしまったことです。前園を演じている中で、彼はふざけている人ではなくて、ふざけたいと思っている人なんだなという理解が一番しっくりきているのですが、いろいろ際立たせずに、ふわっとさせる演技をしたいですね。

――池脇さんと共演されてのご感想は?

山崎 何をやっても成立させてくださいます。例えば、気持ちを足してセリフを送ると、スパーンと気持ちよく返してくださる。さすが、池脇さんだなと。池脇さんや同僚の皆様など現場は女性ばかりなので、大人しくポツンと過ごしています。僕は実家も女系なのでこの雰囲気には慣れていて“女性が大勢いるところでは静かにしていたほうがいい”というのは感覚で分かっていますからね…(笑)。

――BAR「OLD JACK&ROSE」のようなお店が、もしあったら?

山崎 昔はよく、地方の仕事があると一人でスナックを覗きに行って、そこのお客さんと一緒にまた違うところに飲みに行っていました。BAR「OLD JACK&ROSE」は、いつ行っても変わらない居心地の良さが売りだと思います。店の中だけは時が止まっているようで、ちょっと夢を見ているような感じもありますね。

――そういう居心地のいい場所はお持ちですか?

山崎 僕は20歳からお芝居を初めて今や46歳。人生の半分以上お芝居を続けてきましたが、その時間や現場が好きですし、結局一番落ち着くんです。それ以外のことは実はあまり求めていなくて、友だちが何人かいればいいな?ぐらいです。

――新とBAR「OLD JACK&ROSE」の出会いのように、自分の背中を押してくれた環境や人など印象に残っている出会いはありますか?

山崎 マンボウやしろさんとの出会いは良かったと思えます。やしろさんとは以前ラジオを一緒に4年半やっていて、その後も10年来の付き合いになります。「人生って、もっと楽しんでいいんだな」と思えたのもやしろさんと出会ってからですね。僕は普段あまり人に相談しないタイプなのですが、彼に相談すると「しげちゃん、これ一択だよ」って明確な答えをくれるんです。しんどい時にやしろさんに背中をさすられると自然に涙が出るというスイッチを握られていた時期もありました(笑)。これから何年もかけて同じような関係性を作るのはとても難しいので、今までの時間の積み重ねや、これまで築いてきた関係性はあらためて大事にしなくてはと思います。

――視聴者の皆さんにメッセージをお願いいたします。

山崎 このドラマには「幸せって、自分で決めていいんだ」というメッセージが込められていると思っています。持っている物や生活ぶりはどうでも良くて、登場人物は自分が幸せだと思うものを自分で決めて、選んでいる気がするんです。倉庫勤務の女性3人もそれぞれの選択をします。BAR「OLD JACK&ROSE」で熟女ホステスの方々が楽しそうにしている姿は、何度も自分で選択してきたからこその結果だと思います。ただ、作品で伝えたいメッセージの中に、前園は入っていないです。でも、それがいいじゃないですか(笑)。

◆第5話あらすじ(2月6日放送)
退職願を出したとスミレ(江口のりこ)に突然告げられ、仰天する新(池脇千鶴)。みか(真飛聖)は前園(山崎樹範)に食ってかかるが、スミレは自分の意志だと説明しその場を収める。その夜、「OLD JACK&ROSE」では一同がスミレの愚痴を聞いていた。その場の怒りは前園へ向かい、流れで新は前園こそが婚約破棄したサイテー彼氏であることを白状させられる。その時、店に新を訪ねて1人の客がやってくる。なんと前園であった。彼なりにスミレの退職に関しては思うところがあるそうで…。

【あわせて読む】『その女、ジルバ』草笛光子に聞く「人生半ば過ぎてきた女性ばかりだから、必ず面白い話に」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング