1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

日本で最も恐れられる雑誌・『週刊文春』を作った2人の天才

エンタメNEXT / 2021年2月5日 7時1分

スクープの裏側を追ったノンフィクション『2016年の週刊文春』(光文社)

“文春砲”と呼ばれる衝撃的スクープを連発することで、政界、財界、芸能界から恐れられる『週刊文春』。もはや向かうところ敵なしとなった週刊誌のトップランナーは、どのようにして現在のポジションを築いたのか?

自身も文藝春秋の社員として『週刊文春』に携わり、昨年末に『2016年の週刊文春』(光文社)を上梓したノンフィクションライター・柳澤健氏に、文春イズムとは何かと、『週刊文春』をトップ雑誌にした2人の天才編集者について聞いた。(前後編の後編)

※前編<『週刊文春』はいかにして週刊誌のトップランナーになったのか>は こちらから。

     *     *     *

──『2016年の週刊文春』は、『週刊文春』でスクープを追う男たちの群像劇です。ただ、中でも花田紀凱編集長(1988~1994年、現『月刊Hanada』編集長)と、“文春砲”の生みの親である新谷学編集長(2012~2018年、現週刊文春編集局局長)が大きな存在として描かれます。柳澤さんから見て2人のすごさはどこにあるのでしょう?

花田 花田さんは雑誌作りの天才なんですよ。タイトルのセンスを含めて。ただ、『週刊文春』に革命を起こした編集長は田中健五さん(1977~1978年)でしょうね。『週刊新潮』のモノマネ雑誌に過ぎなかった『週刊文春』を「『タイム』や『ニューズウィーク』のようなクレディビリティ(信頼性)のある週刊誌に変える、と宣言したわけですから。和田誠さんの表紙にしたのも、目次や本文のデザインも田中さんが一新した。でも、もともとが月刊『文藝春秋』出身なので、企画内容が重すぎて、スピード感に欠けるきらいがあった。週刊誌は、もっと下世話な要素が必要なんです。その点、花田さんという人は文春では異色の存在。映画も演劇も写真も何でも大好きっていう人は文春にはなかなかいないんです。思想性はなく、ある意味で節操がなくて、「面白ければなんでもOK」というスタンスなので。

一方の新谷くんは『文春』史上最強の取材者ですね。新谷くんほど広く深い人脈を築き上げた人はほかにはひとりもいないでしょう。熱量が異常なんです。会えばすぐにわかりますよ。花田さんの時代に比べれば、新谷くんの時代の方が部数は少ないですよ。でも、同列で語るのはフェアじゃない。紙の雑誌全体の凋落が著しいからです。さらに昔は取材費をふんだんに使えたけど、今は広告も激減しているし、そこまでの予算はない。以前のようにカネが使えない厳しい状況の中で、甘利(明経済再生相)の金銭受領やベッキーの不倫略奪といったスクープを次々とモノにしているのがすごい。もっとも花田さんは「俺が作れば『週刊文春』はもっと売れる」といまだに豪語してますけどね。78歳なのに(笑)。

──それもすごい話です。柳澤さんから見た新谷編集長の人物像は?

柳澤 明るくて人なつっこくてシティボーイで、あと、ものすごいおしゃれ。大学時代にブルックスブラザーズで何年もアルバイトしていたなんて、文春の社員で他にいませんよ。新谷くんの人間性を知るうえで重要なのは、春画事件ですね。

──『2016年の週刊文春』でも書かれていましたが、2015年10月、春画をグラビア記事に掲載したことが「配慮に欠けた」として、会社から新谷編集長が3ヵ月の休養を命じられました。

柳澤 このとき、編集部員たちは全員「俺たちの親分になんてことをしてくれるんだ!」と憤ったんです。新谷くんの統率力は凄くて、編集員はみんな「新谷さんについていきます!」って忠誠を誓う感じ。今は紙媒体が瀕死の状態で、広告収入も減る一方。どんなスクープを飛ばしても、かつてほどの部数は出ない。厳しい状況下で、なんとかしようと誰よりも踏ん張っていたのが新谷くん。部下にしてみたら「新谷さんを男にしたい」という気持ちが強い。

──抜群の人望があるんですね。

柳澤 雑誌を作ったことがある人ならわかってもらえると思うけど、編集部の空気って必ず誌面に反映されるんですよね。ギャンギャン、ワイワイと作っている現場の熱量が文春砲に繋がっているのは間違いない。凄い雑誌をおもしろく作ろうぜ、という空気を作るのが抜群にうまい。

──紙媒体の『週刊文春』を総合週刊誌トップにした新谷さんが、率先して『週刊文春デジタル』『文春オンライン』といったウェブ展開を進めていることにも驚かされます。

柳澤 トップを走っていても、新聞雑誌の全体が落ちているから、収益はどんどん下がっている。「今のままではマズい」という強烈な危機感を誰よりも持っていたのが新谷くん。新谷くんみたいなタイプは、銀行だろうが商社だろうが政治家だろうが、どこでもトップになる。引き抜きの話だってたぶんあったと思いますよ。いまや文春の社員は高給取りとはいえませんから。でも、新谷くんは自由で明るい文藝春秋という会社を愛しているんです。自分を作ってくれて、楽しい仕事をさせてくれたのは文春だから、今度は恩返しする番だ、という使命感を持っているんです。

新谷くんだけではなく、花田さんにも似たところがありますよ。『週刊文春』編集長として一番雑誌を売っていた花田さんがテレビ局の人から誘われたことがあったそうです。「花田さん、文春で給料いくらもらっているの?」と聞かれて、いくらと答えると、「ウチの局にきてくれるなら年俸5000万円は出しますよ」と提案されたらしくて。その話は社内にパッと広まって「花田さんはテレビに行くんじゃないの?」っていう人もいた。僕は鼻で笑ってましたけどね。「みんなバカだなぁ。花田さんのことが全然わかってないよ。あんなに雑誌が好きな人がテレビに行くはずないじゃん」と。

現在の新谷くんは新設された週刊文春編集局長ですけど、相変わらず戦ってると思いますよ。新しいことをやるときには必ず抵抗勢力が現れるものだから。だけど「紙にこだわっていればこの先、食えなくなるのは明らかだ。俺の大事な部下たちが食っていけないんじゃ困るだろう」という気持ちがあるからこそデジタルに動いている。どれほどがんばっても紙の雑誌のマーケットが縮小していくのは明らか。だったらデジタルで勝負するしかない。

メディアの人間はカネの話は苦手です。雑誌を作っているほうが、カネの話をするよりずっと楽しい。でも、新谷くんはカネを稼ぐことから逃げない。本当に立派です。じゃあ、どうして稼がないといけないのか? いいクルマに乗って、うまいものを毎日食ってという話じゃない。文藝春秋という日本に必要な出版社の遺伝子を残したい、日本をよくするために正義を実現させたいという雑誌編集者としての思いがあるんです。ホントに。

▽『2016年の週刊文春』(著者:柳澤健/発行元:光文社)
列島を震撼させるスクープを連発し、日本で最も恐れられる雑誌となった『週刊文春』。そのスクープの裏側には愚直な男たちの物語があった。花田紀凱と新谷学、『週刊文春』をトップにした2人の名物編集者の話を軸に、記者と編集者たちの熱き闘いの日々を描いた痛快無比のノンフィクション。著者は『1976年のアントニオ猪木』『1984年のUWF』などで高い評価を得るノンフィクション作家・柳澤健氏。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング