横アリは天井が高かった! ドロシーが語る@JAM EXPOの思い出

エンタメNEXT / 2014年9月3日 16時0分

「萌えろ!@エンジェルちゃん」のメインパーソナリティーを務めるでんぱ組.incの夢眠ねむと古川未鈴。笑いの絶えない明るい番組進行が持ち味だ

 8月31日に横浜アリーナで開催された今夏最大級のアイドル夏フェスの「@JAM EXPO 2014」。100組超のアイドルが出演した一大イベントが終わり、暑かった夏が思い出へと変わった。

 いっぽうで同日には「JAM the Field vol.6」の開催も発表。11月24日に六本木ブルーシアターで行なわれる同イベントは、シリーズ初の全指定席が特徴の一つとなっている。

 このように、常に前に向かって走り続けている@JAM。その応援番組「萌えろ!@エンジェルちゃん」では、@JAM EXPO翌日にDorothy Little Happy(ドロシー)をゲストに迎えての放送をお届けした。
  今回の放送ではまず、パーソナリティーのでんぱ組.inc・夢眠ねむと古川未鈴が@JAM EXPO 2014を振り返り、2人が出演した出張版「萌えろ!@エンジェルちゃん」などについてトークを進める。

 当日は古川が新潟から横浜というハードな移動になったことや、夢眠が番組用衣装を忘れてきてしまったという面白エピソードが公開された。
 
日ごろから古川に「忘れ物しないように」と諭している夢眠がまさかの忘れ物。それを古川に指摘されるとこの表情だ
 ゲストで登場したドロシーの白戸佳奈と秋元瑠海は、ドロシーらしい清楚なたたずまいで場の雰囲気を和らげる。毎回恒例の「好きなでんぱ組のメンバー」の質問では、最上もがと藤咲彩音(ピンキー!)の名前が挙がり、MCの2人をずっこけさせていた。

 でんぱ組.incとドロシーはともに、メインステージのストロベリーステージを務めたグループ。両者のステージには多くの観客が詰めかけ、ドロシーのステージでは秋元が会場全体を見渡し、横浜アリーナの高い天井に感動したというトピックに、出演者全員が感心することしきりだった。
 
ドロシー白戸が「好きなでんぱ組メンバー」にピンキー!を挙げると、橋元プロデューサーも一緒になって盛大にずっこけた
 またでんぱ組.incのステージでは、『ORANGE RIUM』で会場全体がオレンジ色に染まり、その光景を見た総合プロデューサーの橋元恵一氏は感動で涙ぐんだという。

 そのときは、でんぱ組ファンではない観客も場の雰囲気に呼応してオレンジ色のペンライトを掲げていた。こういったあうんの呼吸が、@JAMらしい世界観を作り上げていたと言えるのでないだろうか。
 
和気あいあいとした雰囲気で進むトーク。視聴者数も安定して多かった
 今回は今週末の9月6日にワンマンライブを控えるドロシーにインタビュー。@JAM EXPOの思い出やワンマンライブにかける意気込みなどを聞いた。
  【次ページ】 ワンマンライブでは生バンドとのコラボに挑戦!■ワンマンライブでは生バンドとのコラボに挑戦!―Dorothy Little Happyインタビュー


――@JAM EXPO、お疲れ様でした!

白戸・秋元 お疲れ様でした~!

――秋元さんは横浜アリーナの天井に注目していたということですが。

秋元 そうなんです。スゴかったですよね!? 天井を見るのが大好きなんです。なので幸せでした。

――どんな天井が好きなんですか?

秋元 個人的には体育館の天井が好きなんです。電気が吊り下がっていて、そのために天井がより大きく見えるんですよ。

――白戸さんは秋元さんの天井好きは知ってたんですか?

白戸 なんか、前に一回聞いたことはあったんですけど、ここまでだとは思いませんでした(笑)。

秋元 ホントですか~。
 
@JAM EXPOの思い出話に花を咲かせたDorothy Little Happyの秋元瑠海と白戸佳奈
――では白戸さんが注目していたのは?

白戸 私はやっぱりステージですね。ストロベリーステージはものすごく高さがあって、ビックリしました(※2mほど)。

秋元 こんなに大きなステージに立たせてもらう機会なんてめったにないので、嬉しかったです。

白戸 広さも、今まで立ったことのあるなかで一番大きいステージだと思いました。

秋元 @JAMさんのおかげであのステージに立てて良かったです。

――ステージ両脇には大きなスクリーンがありました。

白戸 見てましたー。出番の前の待機中にもよく見えましたし、グランドフィナーレに出る前にはでんぱ組.incさんの映像を見てました。

――ほかにはパイナップルステージにも出演しましたよね。

秋元 ストロベリーステージとの距離の差に驚きました! パイナップルはお客さんがすごく近くて、タッチ! っていう感じだったんです。

白戸 すごく近かったです~。おかげで盛り上がれましたね。

――パイナップルステージの方は天井が触れそうなくらいの高さでした。

秋元 あれはあれでいいんです! 振り付けで上を見るときに、うわ~っ♪って思いながら見てました(笑)。

――素晴らしい、まるで天井インタビューですね。

白戸 あはは!

秋元 そんなそんな(恥)。あと私は、運動会にも出たんです。すっごく楽しかったです!

――どんな競技に出たんですか?

秋元 反復横跳びと借り物競争です。借り物競争では「サイン入りCD」がお題に出て、それがすぐ近くにいたファンの方が持っていたんです! おかげで1位になれましたし、(同じドロシーの)富永美杜も同じ競技で1位だったんです(嬉)。

白戸 もうビックリしましたよ。応援に行こうって、こうみん(早坂香美)と一緒に体育館に行ったんですよ。そうしたらちょうど競技が終わっていて、るう(秋元)が優勝インタビューを受けているのが聞こえてきたので、そのコメントだけ聞いてきました(笑)。

秋元 活躍したところ、全然見てくれてない~(苦笑)。でもみんな本気ですごかったです。

――秋元さんと富永さんの活躍で。ドロシーは体育会系の称号を得られましたね。

白戸 2人とも1位だからビックリして。ドロシーは運動ができるというイメージが付いたと思います!

秋元 来年また運動会があったら、頑張りたいです!
 
番組後には恒例の記念撮影。古川が手にしているうちわは@JAM EXPOのShowroomステージで無料配布されていたものだ
――ほかのステージのこともお聞きしたいんですが、オレンジやキウイといったステージはご覧になりましたか?

秋元 (白戸に向かって)通りましたよね?

白戸 何のステージだったかな。

秋元 トークステージでしたよ。

白戸 あれ、私それ見てないかも。ライブしているの見たよ。

秋元 私もライブ見ました。通路にステージがあるのっていいですよね!

白戸 そうそう、通りすがった時にライブが見られるのがいいなあって。

秋元 いい曲だなって思ったら、立ち止まって見ることができるので、そういうステージもいいなあって思いました。

白戸 ステージの高さも結構ありましたよね。前の方に人がいっぱいいて、それを後ろの方で歩いていても、誰が演っているのかすぐわかるので、それが良かったです。

秋元 全体的に温かい雰囲気でしたよね。

白戸 どこにいても楽しめる雰囲気でしたし、全体の雰囲気も良かったです。

――バックステージでタレントさん同士が写メを撮っているときの和気あいあいとした感じが、とてもホンワカしていました。

白戸 そうかもしれませんね。

秋元 @JAMファミリーという思いがあって、アイドルさん同士も「お久しぶりです!」って声をかける人が多かったです。

白戸 @JAMのイベントで一緒になって、仲良くなることが多いんです。だから久しぶりですねって方が多かったです。

――運営スタッフの顔が見えやすいイベントというのも特徴的だと思います。

白戸 橋元さんとかスタッフのみなさんがバックステージで走りまくっているのを見て、「私たちもがんばらなきゃ!」って思いましたね。

秋元 私たちドロシーも以前から@JAMに出させていただいているので、そういう思いは強いです。

――11月の「@JAM the Field vol.6」への出演も発表されました。

白戸 ドロシーはvol.2から出させていただいているんです。

秋元 今度のvol.6は全席指定席のホールなので、いつもよりドロシーをじっくり見せられるようにしたいと思います。

白戸 ファンの方にも、ドロシーのホールでのライブが楽しみだっておっしゃってくださる方が結構いるんです。
 
番組内では9月6日のワンマンライブをアピールした
――そんなドロシーさんは今週末に、Zeppダイバーシティ東京でのワンマンライブがあります!

秋元 今回は生バンドという新しい試みがあって、新曲もありますので、次が期待できるようなライブにしたいです。

白戸 前回のツアーファイナルで発表してから、メンバーみんなもずっと楽しみにしてきたんです。

秋元 私たちもバンドさんと一緒にリハーサルして、「この曲、こんな風に聞こえるんだ!」って驚いてます。あと、ずんずんとおなかに来るといいますか、いつもと違うライブになると思います。

白戸 ドラムがずんずん来るよね。いまはまだリハーサルの最中なので、これからアレンジが変わるかもしれないそうで、私たちも楽しみなんです。

――それでは本番に向け、まだ変わっていく部分も多そうですね。楽しみにしています!

白戸・秋元 ありがとうございます!
 

■Showroomで「@JAM応援宣言!『萌えろ!@エンジェルちゃん』」、絶賛放送中!

 仮想ライブ空間の「Showroom」にて、毎週月曜日の21時から、@JAMの応援番組が放送中! でんぱ組.incの夢眠ねむと古川未鈴をメインパーソナリティーに、@JAM総合プロデューサーの橋元恵一氏もレギュラーゲストで参加。@JAMに関する様々な情報を発信していきます。

 毎回、豪華ゲストも登場! 今回のDorothy Little Happyはもちろん、@JAMに出演するアイドルたちが毎週出演します。来週はアップアップガールズ(仮)が登場(メンバーは未定)。この番組は@JAM EXPO後もしばらく続くので、毎週月曜日は『萌えろ!@エンジェルちゃん』にチューンイン!

■@JAM応援宣言!『萌えろ!@エンジェルちゃん』
https://www.showroom-live.com/at-jam
  ​
<@JAM the Field vol.6 公演詳細>

【日時】 2014年11月24日(月・祝) 13:00開場/14:00開演予定
【会場】 六本木ブルーシアター
【価格】 指定席:5,000円(税込)
【出演】 DIANNA☆SWEET/東京女子流/Dorothy Little Happy/妄想キャリブレーション/夢みるアドレセンス …and more!
【主催】 Zeppライブ
【企画・制作】 Zeppライブ/ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
【協力】 ローソンMTVエンタテインメント/Top Yell/Pigoo/DISK GARAGE ほか
【オフィシャルサイト】
@JAM http://at-jam.jp/

entamenext

トピックスRSS

ランキング