アイドリング!!! 橘ゆりかが警官の制服に興奮! 一日警察署長就任で地元凱旋果たす

エンタメNEXT / 2014年9月22日 7時30分

地元・東近江警察署の庁舎前で敬礼ポーズをとる橘ゆりか

 アイドリング!!!の橘ゆりかが9月21日、滋賀・東近江警察署にて一日警察署長に任命された。これは全国交通安全運動の一環として行なわれ、地元である東近江市側が注目度急上昇中の橘に白羽の矢を立てたものだ。
  最近はサッカーアイドルとしての認知度が高まっている橘。ブラジルで開催されたワールドカップでは2週間近くも滞在して日本戦2試合を現地で応援したほか、先日はアギーレジャパンの初公式試合でパブリックビューイングのMCを務めるなど、サポーターからも認められている存在となっている。

 だが、地元である滋賀県にてタレント個人として仕事をするのは、意外にも今回が初めて。これまでアイドリング!!!としては、琵琶湖畔でのイナズマロックフェスに出演するなど滋賀県内での活動もあったが、今回は念願の個人仕事とあって、自らに白羽の矢か立ったことに興奮していた。


パトカーの前でポーズ!
 橘は前日に川崎フロンターレvsFC東京の多摩川クラシコを取材。その足で早朝に東近江市に移動し、東近江警察署にて任命式を受けた。

"橘署長"は、交通安全運動に向かう白バイやパトカーの出発式を行ない、自身もパトカーに乗ってショッピングセンターへ向かい、東近江地域の安全・安心に取り組むESPO君と共に啓蒙活動を行なった。


滋賀県警のキャラクター、ESPO君とともにポーズ
 橘は、「私の生まれ育った街、東近江の警察署で一日警察署長をさせていただきました。街のみなさんへ万引き防止や交通安全を呼びかけたりしました」と、今回の活動について報告。

 さらに、「本物の制服を着たりパトカーに乗せていただいたり、敬礼を教えていただきました。一日警察署長として貴重な体験をさせていただきました。特に制服が着れて嬉しかったです。たくさん写真撮っちゃいました! 交通安全をより心がけていきたいと思いました」と、興奮気味に今回の地元凱旋について喜びを口にした。


パトカーで地元のショッピングセンターに移動。制服姿に興奮していた
 なお、この模様は橘ゆりかのFacebookページにもアップされているので要チェックだ。

■橘ゆりか Facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/yurikaruyurikaru

■橘ゆりか オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/yurika-tachibana/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング