洋館で「異界」の展覧会、レディー・ガガの靴も展示

Entame Plex / 2018年9月14日 13時0分

写真

洋館で「異界」の展覧会、レディー・ガガの靴も展示

暗い廊下の先に浮かび上がる赤い靴。洋館内に漂う妖艶な香り。まるで異世界に足を踏み入れたかと錯覚する――。
歴史的建造物をリノベーションした会員制サロン・kudan house(旧山口萬吉邸)では、9月14日(金)から16日(日)まで「舘鼻則孝と香りの日本文化」展が開催される。



この展覧会では、日本文化に造詣が深いデザイナー・舘鼻則孝(たてはなのりたか)氏が新たに制作した20点以上の作品が並ぶ。中にはレディー・ガガの履く「ヒールレスシューズ」もある。



テーマは「日本の香りを見直す」。古い洋館内に念入りに設置した数々の作品には、舘鼻氏が選んだ香りが添えられる。ある洋室には「源氏香の図」と呼ばれる赤い図形がずらりと並び、ある和室の中央には球形の巨大香炉が鎮座する……。レセプションに訪れた来場者は、場所が東京・九段下であることを忘れ異界の景色に息をのんでいた。



会場内には、京都の香老舗・松栄堂の資料室より特別出展した貴重な資料も展示。現在に至る香りの日本文化の奇跡をたどることができる。2階には「聞香」を体験するコーナーもあり、貴重なお香を楽しむチャンスも。



3階では、たばこ用デバイス「Ploom TECH(プルーム・テック)」と舘鼻氏のコラボによって生まれた「THEORY OF THE ELEMENTS」も展示・販売される。「THEORY OF THE ELEMENTS」は、遊女のキセルから舘鼻氏が着想を得て作り出した作品。職人の手によりひとつひとつ本革を巻かれた本作は、ガジェット的なたばこ用デバイスに粋な要素を加える。鮑貝の螺鈿(らでん)細工と漆調の溜塗によって仕上げた特別モデルは、惚れ惚れする出来栄えだ。



洋館内に規則的に並ぶ作品群は、スマートフォンのカメラで軽く写すだけでも映える。週末を使って、異世界の撮影に出かけてみてはいかがだろうか。

■NORITAKA TATEHANA RETHINK-舘鼻則孝と香りの日本文化-

会期/2018年9月14日(金)~9月16日(日)
会場/旧山口萬吉邸(kudan house)
住所/東京都千代田区九段北1-15-9
入場料/無料
時間/11:00~19:00

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング