演歌歌手・山内惠介:過去最大規模となるコンサートツアーをスタート

Entame Plex / 2014年5月14日 19時30分

写真

演歌歌手・山内惠介:過去最大規模となるコンサートツアーをスタート

3月に発売した新曲「恋の手本」が自己最高記録となるオリコン総合ランキング9位を獲得、5月7日には新曲を含むベストアルバム「シングルコレクション 2001-2014」をリリースしたばかりの山内惠介。そんな山内が、5月10日に浅草公会堂でコンサートツアー「演歌新時代 山内惠介 熱唱ライブ2014~永遠の愛・あなたと共に~」の初日公演を行った。



今回のツアーは、9月3日(水)の横浜・関内ホールまで全9ヶ所11公演となる東日本ツアーと、7月6日(日)の千歳市民文化ホールまで全8ヶ所17公演の北海道ツアー、合わせて全17ヶ所23公演、総動員数は約3万人という山内自身過去最大規模となる。その初日公演、約2000人のファンで満席となったステージに登場した山内は、「僕自身が構成・演出、しかも主演をやらせていただくのが熱唱ライブです。今年のサブタイトルは、『永遠の愛・あなたと共に』と名付けさせていただきました。愛があれば乗り越えられる、ということをすごく実感しております。今日は、皆さんに歌を通じて少しでも愛をお届けできればと思っていますので、最後までよろしくお願いいたします!」と挨拶。由紀さおりの「トーキョー・バビロン」、美空ひばりの「真赤な太陽」、フランク永井の「霧子のタンゴ」のカバーや、オリジナルの「風蓮湖」「流氷鳴き」「涙くれないか」、新曲「恋の手本」など21曲と、11着のコスチューム」を披露した。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング