指原莉乃が女優引退宣言!? そして遺作!? 主演映画『薔薇色のブー子』が完成

Entame Plex / 2014年5月15日 23時29分

写真

指原莉乃が女優引退宣言!? そして遺作!? 主演映画『薔薇色のブー子』が完成

5月30日公開の映画『薔薇色のブー子』の完成披露試写イベントが、15日都内で開催され、主演を務めるHKT48:指原莉乃のほか、キャストのユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、鈴木福、田口トモロヲ、そして福田雄一監督が登壇した。

「コドモ警察」「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」などの作品で知られる福田監督。テンポ感のある世界観のなか、アイドルとしてはほとんど捨て身とも言える指原の“変顔”を引き出すなど、本作は様々な要素が満載の突き抜けたジェットコースター・アンラッキー・コメディに仕上がっている。



この日、“指原命”と書かれたハチマキ&ハッピ姿で登場した福田監督は、やや空席が目についたのか開口一番「こうなると指原莉乃の6月7日の(AKB選抜総選挙での)順位が気になりますね」とチクリ。するとすかさずユースケが「1位にならなかったら滝に打たれるって言ってたよね?」と乗っかると、指原は「実は今日タモリさんから『やんない方がいいよ』って連絡が来たんです」と笑顔で明かしながらも、総選挙での連覇にやや不安な表情を浮かべていた。



そして、登壇者全員にお気に入りのシーンを訪ねる場面では、「あの……」と、しどろもどろな様子の指原に「(作品を)絶対観てねーだろ!」と全員から激しくツッコまれる一幕も。
そんななか、ユースケが「ラストシーンのさっしーはとても素敵だった」と褒めちぎると、指原は「ユースケさんが褒めてくださったシーンは、ほんとは引きの画がメインのはずが、演技がよくて寄りのカットを増やしてもらえたんです」と自慢げに語ると福田監督も「普段は朝とかひどいんですけど、今回のさっしーは本当にかわいかった」と絶賛、かと思いきや「でも、指原さんはもう女優をやらないらしいです」とのキラーパスに「はい、遺作です」と指原は断言。



「お話をいただければやりたいですが、たぶん来ないと思うから引退です」と指原が口にすると「芸能界から!?」と乗っかるユースケに加えて福田監督も「女優指原莉乃が見られるのは、これで最後です(笑)」とジョークを飛ばし、終始イジられっぱなしの指原は「芸能界は引退しないですよ!」と慌ててコメントしていた。

そんな一連の展開にユースケが「ここまでグダグダな舞台挨拶は初めて(笑)急に我に返ったけどこんなことしてる場合じゃないよ」とツッコむと会場から爆笑が沸き起こった。



映画『薔薇色のブー子』は、5月30日(金)より全国ロードショー。

©2014「薔薇色のブー子」製作委員会

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング