林修先生が日本ダービー講座を開講、受講した鈴木奈々は「勝ってハネムーンに!」

Entame Plex / 2014年5月29日 23時32分

写真

林修先生が日本ダービー講座を開講、受講した鈴木奈々は「勝ってハネムーンに!」

6月1日(日)に開催される競馬の祭典、第81回日本ダービーに先立ち、予備校講師:林修による「誰にでもわかる日本ダービー講座」が5月29日にスタジオアルタで開催された。司会にはモデルの今井りかが、生徒役としてタレントの鈴木奈々、女優の河北麻友子が登場した。



この講座では、「日本ダービーは国民の義務」と語るほど競馬好きの林がダービーの歴史や歴代のダービー馬について熱いトークを展開。その中で、今年の日本ダービーの賞金についての話となると鈴木は「え? (賞金は)いくらですか?」と興味津々。林に「お金の話になると食いつきますね!」と突っ込まれると、開き直ったように「お金欲しいもん! お金大好き!」と返していた。



また、過去のダービーの優勝馬に加え、2着、3着の馬に関しても語りたがる林に対し、河北は「先生(マニアックなうんちくを)ちょくちょく入れてこないで大丈夫。ついていけないから」とバッサリ。



とはいえ、そんな反応にもめげない林は競馬トークを続行。そんななか、2007年に戦後初めて牝馬でダービーを制覇したウオッカの話題を引き合いに出し「牝馬は長距離では牡馬に勝てないだろうと思われていたのです。今の生徒を見てても女の子のほうが優秀になってきてますね」と女の強さをについて語った。



講座終了後、今回の日本ダービーへの意気込みを聞かれた鈴木は「勝って結婚式を挙げて、ハネムーンに行きたい!」と話せば、司会をつとめた今井は「去年は5着だったので、今年は1着を目指します」と力強くコメントしていた。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング