1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

尾上松也、若手俳優の才能に感服「持って生まれた天性」

Entame Plex / 2020年11月6日 21時50分

そして全員の審査が終わると、丸尾は「演技力や表現力は勿論重要だと思う。でも、“人に愛される力”というのもとても大切だと思います」と語り、役者にとって大切な要素は「嘘をつかない事」「素直である事」「誠実である事」だと言及。これを受けて尾上は、「園村はそういうのが得意なんだね。表現するというか伝えるのが上手いですね。持って生まれた“天性”のものがあるんじゃないかなと思います」と園村を絶賛した。

「俺の好きなもの」審査を終え、続いて行われた1つ目の精神力審査“座禅”では、座禅を組む姿勢は勿論の事、「いかに雑念を捨てて“無”になれるのか?」という集中力が試された。そして、1時間にも及ぶ座禅を終えて結果発表が行われると、総合ランキング14位で脱落圏内だった飛葉がまさかの1位にランクイン。驚きの結果にMC陣にどよめきが走る中、丸尾は「飛葉だけ本当に時間が止まっているように見えました。勿論、自分の世界があるという事と、実は集中力がすごくあるという事だと思います」と称賛の声を上げた。

また、飛葉と同様に、総合ランキング12位で脱落圏内だった曽田陵介が3位で奮闘すると、身体能力ではなく、強い精神力が重要となるこの審査について、生駒は「今まで下位だった曽田くんたちがここで意地を見せてくれるんじゃないかと思います」と期待を寄せた。

続いて2つ目の審査、太鼓の音に合わせて腕を耳につくまでまっすぐ上げる“腕上げ審査”が行われると、「腕を下げる時は肘が90度に曲がるように下げる」「姿勢を正して正面を向く」という厳重なルールのもと、参加者たちの精神力の強さが試された。そして、500回、700回と順調に数を重ねていく中で、初めこそ余裕の表情を見せていた参加者たちも1000回を超す頃には段々と苦悶の表情に…。そして、1320回目の太鼓が鳴ると、ここまですべての審査で首位を走り続けていた河島樹来がまさかの脱落。

身体能力に自信があった河島だけに、尾上は「うわ…こんな河島くん初めてみた!」と驚愕。また、河島に続いて、今度は体力審査で圧倒的勝利を収めていた清水田龍が脱落となった際には、予想外の展開に「ここ2人が!?これは予想外!」と困惑の表情を見せた。2人の脱落により、腕上げ審査に体力はほぼ関係ないことが証明されると、「絶対に負けない」という強い意思だけが必要になるこの審査では、体力自慢の参加者たちが次々と脱落。そして、最後まで残った久保雅樹、三浦海里、松井遥己、中三川歳輝、曽田の5人が3000回の腕上げを見事やり切り、同率1位という結果で今回の審査は幕を閉じた。

こうして波乱の展開となった精神力審査が終了すると、最後は6人目の脱落者が発表に。丸尾から「演技の経験があまりないと言っていた。でも、すごく役者としての素質があると思う。これからも役者を続けていってほしい」とエールを送られたメンバーは一体…?運命の結果発表は、「ABEMAビデオ」でぜひチェックを。

©AbemaTV,Inc.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング