1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

一カ月間限定の新スポット、マンダリン オリエンタル 東京が映画とのコラボ企画を展開中

Entame Plex / 2014年6月25日 16時37分

写真

一カ月間限定の新スポット、マンダリン オリエンタル 東京が映画とのコラボ企画を展開中

東京・日本橋のマンダリン オリエンタル 東京が、6月20日公開の映画『サード・パーソン』とコラボレートしたラグジュアリーな特別プランを同日よりスタート!

ここマンダリン オリエンタル 東京は、2005年12月、マンダリン オリエンタル日本初のホテルとして東京・日本橋に開業。アメリカン・アカデミー・オブ・ホスピタリティー・サイエンスより世界初の「6ツ星」を7年間連続で受賞、さらには『ミシュランガイド東京』でも7年連続で「5レッドパビリオン(ホテル格付最高ランク)」の評価を受けるなど、開業以来数々の世界的な賞やランキングに輝いている。

そんな由緒あるマンダリン オリエンタル 東京が、今回初の試みとなる映画作品とコラボレーションするということで、早速Entame Plex編集部では同プランの体験取材を敢行!



今回は、映画『サード・パーソン』の舞台となるニューヨーク、ローマ、パリと3つの都市をイメージした3つのカクテルと、ふたりでシェアできるワンプレートのアラカルトフードメニューが、同ホテル38階のオリエンタルラウンジで、6月20日から7月20日までの約1ヶ月間、特別プライスで提供されている。TOHO シネマズ日本橋で本作を鑑賞後その余韻に浸りながら、ラグジュアリーな空間で、夫婦、恋人、家族など大切な人とふたりで、洗練されたお酒や料理、そして会話を楽しみながらゆったりと贅沢なひとときを過ごすことができる。



このカクテルとフードメニューを手掛けた同ホテル料飲副部長の内坂徹氏は、まず映画を鑑賞した時の印象について「大人を非常に感じる映画でした。直感的に“赤”をイメージしましたね」と語り「そこから各都市をモチーフにイメージを膨らませていきました。しっかりとアルコールを感じられる中にも苦味や嗜みを表現したかったので、その都市で代表的且つトラディショナルなカクテルを選び出し、料理との組み合わせを重視してこの3つのカクテルに決めました」と話している。



オリジナルカクテルはそれぞれの都市をテーマに作られ、ニューヨークはウォッカをベースにクランベリージュースで仕上げたCosmopolitan(コスモポリタン)。ローマはジンとカンパリなどを合わせたNegroni(ネグローニ)。パリはカシス・リキュールとシャンパンを用いたKir Royal(キール・ロワイヤル)の3種類を提供中。そして、このカクテルをオーダーしたお客様へ特別にワンプレートフードも用意。その内容は、ニューヨークには小さなパンに和えたロブスターを挟んだロブスターロール。ローマには色鮮やかな季節の野菜スティックにバーニャ・カウダのディップソースとイタリア産エクストラヴァージンオリーブオイルを添えたもの。パリにはレーズン、くるみ、パンと一緒に食すフランス産の厳選したチーズと、どれもお酒にぴったりの豪華な料理ばかり。内坂氏が「ふたりで楽しんで召し上がれるよう構成しました」と言う通り、これら3都市をイメージしたカクテルと相性の良いアラカルトメニューをワンプレートにして表現している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください