May J.新曲、「アナ雪」に続いて柴門ふみ原作ドラマの挿入歌に

Entame Plex / 2014年7月4日 14時23分

写真

May J.新曲、「アナ雪」に続いて柴門ふみ原作ドラマの挿入歌に

7月10日(木)夜9時より放送スタートするTBS木曜ドラマ劇場『同窓生~人は、三度、恋をする~』の挿入歌に、May J.の「本当の恋」が起用されることが決定した。

May J.は、日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。今年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」では日本版主題歌を担当。さらには、最新カヴァーアルバム「Heartful Song Covers」は女性アーティストのカヴァーアルバムとして今世紀初となるオリコン8週連続トップ10入りを果たした。

そんなMay J.が、ドラマのために書き下ろした曲「本当の恋」は、稲森いずみ演じるヒロイン・あけひの溢れそうな感情をぐっと堪えるような胸中を表現すべく、歌による表現を突き詰め、ピアノだけの伴奏で、歌詞の世界観を繊細に届ける1曲に仕上がっている。

そして、May J.からコメントが寄せられた。

▽May J.コメント
「この楽曲は稲森さん演じるヒロイン“あけひ”の気持ちを歌詞に込めて歌っているので、ドラマの中で流れることで、よりドラマのストーリーに入り込んで頂けたらと思います。
この曲を聴いて、色々な世代の方に、自分の中にあるたったひとつの『本当の恋』を大切にしたい、と思って頂けたら嬉しいです」

本作は、恋愛漫画の巨匠:柴門ふみ原作をドラマ化したもので、連続ドラマ初主演の井浦新をはじめ、メインキャストには稲森いずみ、板谷由夏、松岡昌宏、さらには松本利夫(EXILE)、市川実和子、三浦理恵子、高知東生、岡本麗、戸次重幸、市毛良枝、柄本明ら豪華俳優陣が名を連ねている。

TBS木曜ドラマ劇場『同窓生~人は、三度、恋をする~』は、7月10日(木)夜9時より放送開始。(※初回は15分拡大)

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング