サムライと忍者が浅草を占拠!? 日本初!ハプニング必至の新サファリが今夏スタート

Entame Plex / 2014年7月31日 22時53分

写真

サムライと忍者が浅草を占拠!? 日本初!ハプニング必至の新サファリが今夏スタート

「サムライ&忍者 サファリ」なる日本で初めての新感覚エンターテインメント移動型劇場バスが8月から東京・浅草でスタートするというウワサを聞き、早速試乗体験!

サムライと忍者といえば、外国人が「日本」と聞いて真っ先に連想する超ベタなキーワード。その2つが、これまたありがち、ド定番の浅草で、今の時代に何をするのか、興味津々で現地に行ってみると……。



集合場所で待っているとゆったりと座れそうな3列シートバスが到着。これが今回のアトラクションのベースとなるわけだが、乗車してみるとバスガイドのお姉さんならぬバイリンガル男性DJ:KENが古風な浴衣姿にパッと見ラッパー風な出で立ちで登場。



そんな彼が巧みな英語と日本語、そして時には歌やラップを織り交ぜた案内でまずは浅草の観光名所巡りへ。



すると、突如浅草の街にタイムスリップしてきたサムライと忍者が現れ、さらには江戸の町娘、寿司職人に飛脚、果ては合羽橋の“かっぱ”まで巻き込んで熾烈なバトル(ショー)が勃発。追うサムライと逃げる忍者……。何の前触れもなく役者たちが浅草の街中を走り回るので、すれ違う(一般の)人々も何事かと驚いて二度見するほど。さらには、様々な場所で激しいアクションにコミカルな動きを交えて対決するサムライと忍者の姿に、何かの撮影か!? と立ち止まって人だかりが出来たり……、笑えるポイントも随所に散りばめられていて、まるでジャッキー・チェンのアクション映画を観ているかのような感覚。最後の対決では、通りがかりの外人さん(ツアー参加者じゃなく)がシャッターを押しまくっていたので、もしかしたら日本にはまだサムライと忍者がいる! と勘違いなんてこともあるかも(笑)。



そして、このショーでサムライと忍者に扮しストリート・パフォーマンスをするのは、が~まるちょばに次ぐ若手パフォーマーとして活躍中の『GABEZ(ガベジ)』。子供からお年寄りまで国籍を問わず楽しませるという大役を担うGABEZの2人にこのショーの魅力を直撃。



——炎天下の中、パフォーマンスをしてみて率直な感想は?
hitoshi(忍者役)「覚悟はしていたんですけど暑かったですね(笑)。練習の時とは違ってお客さんが入るとまた違う雰囲気になるというところがやっぱり面白いなと思いましたね」

——外国人観光客の参加も多いと思いますが。
hitoshi「やっぱりサムライと忍者ってみんな好きだと思うんです。最初に現れた時のインパクトとかをもっともっとダイレクトに伝えていきたい。“あっ! 忍者だ。怖い”って思うところから、でも面白いって……見る人々の心を揺らしたいですね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング