1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

千鳥ノブ、若手芸人の大喜利に「センスのかけらもない」

Entame Plex / 2024年2月13日 22時0分

写真

千鳥ノブ、若手芸人の大喜利に「センスのかけらもない」

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は11日、ABEMA SPECIALチャンネルにて『チャンスの時間』#257を放送した。

この日の放送では、スタジオゲストにコスプレイヤー・えなこを迎え、バラエティ界の新たな“ヤンチャ芸人”を発掘する企画「ブレイキングヤンチャオーディション」第7弾をお届け。

大悟とお笑いコンビ・しずるのKAZMA(Zはストローク付き表記)を加え、過去オーディションへの参加経験もあるお笑いトリオ・ネルソンズの岸健之助、お笑いコンビ・ちゃんぴおんずの日本一おもしろい大崎が審査員を務め、オーディション参加芸人たちは、審査員からのお題や振りに応えながら、“自分が一番ヤンチャで面白い”と思うテーマやゲームで即興のバトルに挑戦した。

オーディション1組目、お笑いコンビ・金魚番長の箕輪智征、バッテリィズのエース、十九人のゆッちゃんw、お笑いトリオ・リンダカラー∞のDenの4人が参加した30歳以下“アンダー30”枠のオーディションでは、クールな“カリスマ”キャラで人気急上昇中のDenの素顔が垣間見える場面が。

“誰でも嘘ゴシップ”や“カリスマしりとり”など、それぞれが持ち寄った特技や大喜利で競う中、エースが持ち込んだ“おっちゃんが言いそう50音”に挑戦することになった一同。

「る」で当てられたDenは咄嗟に「流川楓って知ってるか?」と回答したが、「“おっちゃん”が言いそうなことではない」と指摘が飛び、Denは「もう1個やらせてくれ」と再チャレンジを希望する。そこで大悟は、再び「る」で振り、一瞬苦悶の表情を浮かべたDenだったが、そこで捻り出したDenの回答に一同は爆笑!

ノブから「カリスマだ」と高評価を受けたDen。しかし、続いて行われたゲストのえなこに「“苗字”をつけるなら?」という大喜利では一変、Denの回答にノブは「センスのかけらもないです」とガッカリ…?

Den自身も動揺してしまうほどの絶妙な回答に、笑いが起こる展開となった。また、オーディション中には、事務所の先輩後輩である日本一おもしろい大崎とDenが睨み合う緊迫の事態が発生!そんな2人に大悟さんが投げた突然の振りとは…? 本放送は放送後7日間、無料で見逃し視聴が可能なので、ぜひチェックを。

(C)AbemaTV,Inc.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください