『キングオブコント2014』決勝進出10組に直撃! 全コンビに意気込みを聞いた

Entame Plex / 2014年9月11日 23時29分

写真

『キングオブコント2014』決勝進出10組に直撃! 全コンビに意気込みを聞いた

プロ・アマ、芸歴問わず“コント芸日本一”を決める大会『キングオブコント2014』の準決勝2日目が10日、東京・赤坂BLITZで行われ、決勝進出者10組が発表された。

エントリー総数2810組の中から決勝大会への切符を手にしたのは「リンゴスター」「犬の心」「ラブレターズ」「バンビーノ」「ラバーガール」「アキナ」「巨匠」「チョコレートプラネット」「さらば青春の光」「シソンヌ」の10組(発表順)。

今大会の決勝進出枠はこれまでの8組から10組へと増枠。さらには決勝大会のルールも新たに改定され、ファーストステージで1対1の一騎打ち形式で対決し、勝ち残った5組がファイナルステージに進出。この5組で出順を抽選し1番目と2番目の芸人がネタ披露を終えたところで、審査員により「面白かったのは、どちらか?」を判定し、勝った方が暫定王者となる。続いてネタ順3番目から5番目まで同様の流れで一騎打ち形式でネタを披露していき、最後に勝ち残ったものが優勝となる。



決勝進出者10組の発表後、エントリーナンバー順に抽選が行われ、決勝大会のネタ順および対戦カードも決定。エンタメプレックスは、決勝進出10組発表会見を終えたばかりの10組に直撃し、決勝大会への意気込みなどを聞いた。「キングオブコント2014」決勝ファーストステージ対戦カードとともに紹介!

▼1試合目
先攻:シソンヌ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京)
後攻:巨匠(プロダクション人力舎)


(LtoR シソンヌ/巨匠)

◎シソンヌ(初進出)
——決勝進出者発表で名前を呼ばれたのが最後の10番目でしたが?
じろう「マジでしんどかったっす……。最初は期待してましたけど、8組目くらいからもう諦めてました」

長谷川忍(以下:長谷川)「決勝というのは2人の中では特別な事だったので、選ばれた時はホッとしました」

——そこから一転して出番が1番目という。
長谷川「この辺が僕らなんですよね(笑)。最後に呼ばれて1番引いちゃうという」

じろう「せっかく1番になったんで逆手にとって、インパクトを与えたいですね」

——今回、決勝の新ルールについてはいかがですか?
じろう「1対1の形式になったので、トップバッターの不利みたいなものはないのかなぁと」

長谷川「キングオブコント2014の一発目というプレッシャーはありますね」

——対戦相手は巨匠に決まりましたね。
長谷川「テーマが似ているので見る側には面白いカードになるんじゃないかなと思います」

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング