コンビ仲は整っていない!? ねづっち「“不仲”とかけまして……」

Entame Plex / 2014年9月12日 14時46分

写真

コンビ仲は整っていない!? ねづっち「“不仲”とかけまして……」

スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞新人監督賞にノミネートされたホルヘ・ドラド監督による本格ミステリー映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』のPRイベントが11日に都内で行われ、お笑いコンビ:Wコロンのねづっちと木曽さんちゅうが登壇した。

先月放送された『行列のできる法律相談所』に出演した際に、コンビ仲の悪さを赤裸々に語り話題となっていた2人。木曽は登場するや否や多くの報道陣を前に「久々にこういう現場にお招きいただきまして、フラッシュの明るさに慣れるのに時間がかかりそうですけど、今日はひとつお手柔らかにお願いします」とやや戸惑い気味の様子。MCから「コンビ仲は整っていない?」など、コンビ仲の真相について鋭い質問が飛び出すと、ねづっちは「ここ3〜4年くらい安定して喋ってないですね。それが逆に日常になっている感じ」と説明。お互いの携帯番号は知っているというが、木曽は「仕事の話ではやり取りしますけど。ただプライベートでは昔から連絡を取りたいと思わないですし、これからも変わらないと思う」と話し、不仲説については「それも含めて楽しんでもらえれば。ほら、人の不幸は蜜の味と言いますから。とはいえ反響の多さに戸惑っている感じ」とコメント。

また、木曽は9月9日に4人目の子どもが産まれたばかりで、その件に話題が及ぶとねづっちは「漫才中に(相方から聞かされて)知ったんですよ。妊娠したことすら知らなかった」と明かすと、木曽は「ネタ中に言えばいいかと思って。いいリアクションしてましたよ、その時は(笑)」と返す。



イベントでは、2人による謎解き対決が行われ、負けてしまったねづっちは、罰ゲームで大ジョッキの青汁を一気飲み。しかし、量が多く飲み干せずにいると、木曽も一緒に飲むハメに。最初は渋りながらも、最後は2人仲良くストローで飲み干した。
本作の感想について、ねづっちは「時間を忘れちゃうくらい展開が速いですし、ハラハラして手に汗握る感じでアッという間に観終わったという感覚」と絶賛。木曽は「人間の奥深さを突き詰めたような本当に深い映画です」と作品をアピールした。



そして、最後に“不仲”というお題で謎かけをお願いされ「整いました!“不仲”とかけまして、箱にヴィトンが入っていると解きます。そのこころは“中はルイ(仲悪い)”。ねづっちです」と披露してイベントを締め括った。

奇しくも不仲説ばかりに話題が及んだ本イベント終了後、Wコロンの2人に話を聞いた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング