実写版「るろ剣」第二弾が早くもBlu-ray&DVD化、主演:佐藤健のコメントも到着

Entame Plex / 2014年10月17日 20時37分

写真

実写版「るろ剣」第二弾が早くもBlu-ray&DVD化、主演:佐藤健のコメントも到着

3部作で興行収入120億円突破した佐藤健主演の映画「るろうに剣心」シリーズ。その第二作目「るろうに剣心 京都大火編」のBlu-ray&DVDが早くも12月17日(水)に発売が決定した。

今作は、2014年の日本実写作品で現在興行収入第1位。今なお公開中でフィリピン、シンガポール、インドネシア、香港、台湾、タイ、マレーシアなどアジアを中心に世界各国でも続々公開が決定しているなか、8月1日の封切りからわずか4ヶ月半でのBlu-ray&DVD化となった。

このBlu-ray&DVD豪華版の特典映像では全編ヴィジュアルコメンタリーとキャストインタビューを収録。さらに、初回生産限定特典として特製アウターケース、デジパックの他、シーンセレクトヴィジュアルカードとCUT特別編集ブックレットなどが封入される。



また、今回緋村剣心役を演じた主演の佐藤健はBlu-ray&DVD化にあたって「何度も観てほしい作品ですね。特にアクションに関しては、一回で分かる人がいたら超人ですね。僕たちは0.5秒のシーンのために命を賭けて、何時間もやってきたので、何度でもリピートして楽しんでほしいです」とコメント。

監督の大友啓史も「贅沢なロケーションや美術セット、衣装デザイン、俳優たちの迫真の演技や身体を張ったアクション、それらを生かすべく隅々までこだわった撮影上の創意工夫の数々等々。観客の皆さんに映画『るろうに剣心』ならではの世界観を楽しんでいただくためにサービスの限りを尽くしました。とりわけクライマックス、怒涛のアクションの連続は、極上のエンターテイメントならではの興奮をご自宅でも体感していただけると思います。新しいアクションエンターテイメントを目指して、一つ一つの映像と音に心を込めて作っています。お手元に置いていただき、 お気に入りのシーンを、ぜひ何度も繰り返しお楽しみいただけたら光栄です」とメッセージを寄せている。

©和月伸宏/集英社 ©2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング