30歳童貞エリートを演じる長谷川博己、一目惚れした能年との場面写真公開

Entame Plex / 2014年11月1日 19時43分

写真

30歳童貞エリートを演じる長谷川博己、一目惚れした能年との場面写真公開

講談社「Kiss」にて連載中のベストセラー・コミックを実写映画化した『海月姫』。本作は、能年玲奈が主演を務め、キャストには菅田将暉、長谷川博己、池脇千鶴、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、篠原ともえら個性豊かな豪華俳優陣が大集結。監督は、『ひみつのアッコちゃん』『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』などで指揮を執った川村泰祐、ドレスデザイン・スタイリストはきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手掛ける飯嶋久美子、音楽は“ヒャダイン”こと前山田健一、主題歌はSEKAI NO OWARIの描き下ろし「マーメイドラプソディー」と、旬のクリエイターたちが勢揃いした。

そしてこのたび、オタク女子を演じる能年と童貞エリートを演じる長谷川の恋を予感する場面写真が公開となった。

童貞エリートこと修(長谷川)は、政治家である父親の秘書を務める未来の首相候補の超エリートだが、30歳を過ぎても童貞。そんな修がある日、蔵之介(菅田)によってメイクされた月海(能年)に一目惚れ! 今回公開された場面写真の一枚は、一目惚れ後に訪れた水族館での一コマ。クラゲオタクな月海はクラゲに夢中だが、今後の二人の恋を予感させる一枚となっている。



さらに、修が月海のためにとクラゲの巨大なぬいぐるみをかかえて慌てふためく場面写真も合わせて公開された。

笑いと涙と萌えの極上のエンターテインメント映画『海月姫』は、12月27日(土)より全国ロードショー。

©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング