俳優:遠藤憲一&作家:ロバート・ハリスの2ショット対談が実現!

Entame Plex / 2014年11月10日 23時14分

写真

俳優:遠藤憲一&作家:ロバート・ハリスの2ショット対談が実現!

東芝の高速・大容量メモリカード「EXCERIA」をモチーフにしたWEBドラマ『フィエスタ~SDカードが記憶を呼び覚ます~』が、現在Youtubeにて全5エピソード配信中。これらは、デジタルカメラ撮影の魅力を最大限に表現するため、高速連写撮影やタイムラプスなどの技術を駆使して撮影されたもの。スペインのバルセロナとパンプローナを舞台に、美しい景観やフラメンコダンス、迫力満点の牛追い祭りなどを通して、臨場感ある映像がストーリー同様に最大の魅力で、まるで自分が旅を疑似体験しているかのような感覚に。この配信を記念して、ナレーションを担当した俳優の遠藤憲一と脚本を手がけた作家のロバート・ハリスのツーショットインタビューが実現! カメラや旅について存分に語ってくれた。

――今回のWEBドラマで遠藤さんがナレーションを務めることに決まった時、いかがでしたか?



ハリス「すごくうれしかったです。僕は渋い声の方にナレーションをお願いしたかったので、遠藤憲一さんってお名前を聞いた時に、これはもう大丈夫だなって思いましたよ(笑)。実際、ナレーションが入って完成した映像を観た時に、すごくよかったので安心しました」



遠藤「本当は、ナレーションが苦手です(笑)。すごく練習が必要で、今回は時間があったので、感情の動かし方とか、勉強にもなりました。自分の中で何回も練りながら臨めたので、なんとか落ち着いてナレーションの収録を終えました。でも本当は不得手なんですよ(笑)」

ハリス「男らしい声ですよね。僕は今回、甘い声をあててしまうと、青臭くなってしまう予感がしていて。男らしくて、普段は女性に甘えず、感情も表に出さないイメージがほしかったんだ。それをだんだん出していくプロセスがほしかったので、遠藤さんはパーフェクトでした。ナレーションを通じて自分にストイックなテイストもほしかったので、大満足です。これをもし自分がやってしまうと、絶対に甘くなってしまうので、全然ダメだったと思いますよ(笑)」

――オトナの男を上げていくアイテムとして、一眼レフがあってもいいかなと思いますか?
遠藤「自分の場合は男を磨くために使ってはいないけれど(笑)、心は磨けるとは思いますね。撮りたいと思う瞬間は感覚が超敏感になるので、普段見逃しているその辺に落ちているモノでもきれいに撮れることがある。そういう感性をピッと広げていく意味では、カメラは本当にいいと思う。たまに持ち歩いてみると、感性を磨く作業にはいいと思います」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング