大原櫻子、プレミアイベントで“恋に効く珍獣”フニャララブッサと共演

Entame Plex / 2014年11月25日 2時40分

写真

大原櫻子、プレミアイベントで“恋に効く珍獣”フニャララブッサと共演

11月26日にソロ名義での1stシングル『サンキュー。』のリリースを控えている大原櫻子が24日、六本木ニコファーレにて行われた『恋に効くFit’s Live』に出演した。このイベントは「♪噛むとフニャン」でおなじみロッテのガム「Fit’s」が行う初めてのライブ企画で、ツイッターで告知募集され3000通もの応募の中からペア100組200名のみが招待され行われた。



このライブはバンド編成で、「明日も」からスタート。そして「みなさんガム好きですかー!?」とイベントならではのコールで2曲目「頑張ったっていいんじゃない」へ突入。3曲目は本イベントのテーマでもある「“恋”にぴったりな1曲です」とのメッセージとともにスタートした「ちっぽけな愛のうた」。この日、観客には“恋”と書いてあるピンクのTシャツが全員にプレゼントされていた為、会場は“恋”Tシャツのピンク色で埋め尽くされ、このラブバラードにぴったりなイメージとなった。

続いて4曲目は今週発売の1stシングルに収録の「オレンジのハッピーハロウィン」。今週シングル発売の本人メッセージと共にニコ生中継ならではの視聴者コメントが会場スクリーンに現れる演出もスタート。スクリーンが「1stソロおめーでとー」などのメッセージで溢れる。この曲は通常のライブではサビ部分を観客とコール&レスポンスして盛り上がるが、今夜は「ハッピー ハッピー 恋に効くFit’s」とイベントタイトルにちなんだフレーズで観客とともに盛り上がった。



そして、曲の終盤ではガムのキャラクター“恋に効く珍獣フニャララブッサ”が登場し、その不思議なルックスも相まって、さらに大盛り上がり。続いて、この“フニャララブッサ”がそのままステージに残り、「♪噛むとフニャン」のFit’sのCMをバンド生演奏で披露した! ブッサが退場し、大原から「次で最後の曲になります」と告げられた途端、スクリーンには「ええええ」のコメントが画面いっぱいに溢れた。ラストは、今週26日に発売になる1stシングル『サンキュー。』を歌い上げイベントを締め括った。



1stシングルリリース日となる26日(水)には、タワーレコード渋谷店1Fで、発売記念イベントに加え感謝のハイタッチ会の開催が決定している。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング