【癒される!】子供が生まれたら犬を飼おう!

Entame Plex / 2014年11月30日 18時14分

写真

【癒される!】子供が生まれたら犬を飼おう!

イギリスのことわざに「子供が生まれたら犬を飼いなさい」というものがあるのはご存知だろうか。


子供が生まれたら犬を飼いなさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。


温かくも切なくもあるこのことわざ。

このことわざ通り、まさに犬が子どもの良き守り手・良き遊び相手になっている動画が、「癒される!」「微笑ましい」と話題になっている。


え!?噛まれてる?!!と心配になりそうな場面もある。



しかし、特に子どもが痛がる様子はない。



ただのじゃれ合いで、噛んではいないようだ。

犬も子供相手だと分かっているのだろうか、子犬と接するようにぺろぺろと顔を舐めて戯れている。


続いて登場するのは満面の笑みの赤ちゃん。
大喜びのようだ。まるで友達のように仲良しな様子。



ブルドックに舐められるなんてちょっと怖いかも…と思ってしまうが、赤ちゃんは大爆笑。



最後にでてくる赤ちゃん、注目すべきはその表情。



まだ毛が生えそろわない赤ちゃんの頭を延々と舐めている。



それに対してこの赤ちゃん、表情一つ変えない。慣れているようだ。


実は犬が人を舐めるのは、愛情表現の一種。生まれてきた赤ちゃんを愛しているのは両親だけではなく、ワンちゃんも一緒のようだ。

参照元:Dogs Love Babies Compilation 2014

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング