関ジャニ:渋谷、初主演映画「味園ユニバース」がロッテルダム国際映画祭に出品決定

Entame Plex / 2015年1月4日 18時45分

写真

関ジャニ:渋谷、初主演映画「味園ユニバース」がロッテルダム国際映画祭に出品決定

2月14日(土)公開の関ジャニ∞:渋谷すばるの初主演映画「味園ユニバース」が、1月21日(現地時間)より開催される第44回ロッテルダム国際映画祭のスペクトラム部門に正式出品されることが決定した。

今作は「リンダ リンダ リンダ」、「苦役列車」の山下敦弘監督が、主演に渋谷すばる、ヒロインに二階堂ふみを迎えて贈る映画で、大阪を舞台に記憶喪失の主人公(ポチ男)が、バンド:赤犬のライブに乱入し、そのマネージャーとの出会いをきっかけに自分の過去を見つめていく人間ドラマ。それが今回、カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭と並んで注目を浴びる映画祭の一つ:ロッテルダム国際映画祭のスペクトラム部門に正式出品されることとなった。

初主演作が海外映画祭に出品されるという快挙を成し遂げた渋谷は「初めて一人で主演した映画を、遠く離れたオランダの映画祭が招待してくれた事、日本人以外の方々にも見て頂ける事、本当に嬉しく思っています。山下監督、この映画に携わった全ての方々、応援してくれている方々、全ての方々への感謝を心に、胸を張って、ロッテルダムを感じに行ってきます」とコメント。

なお、本作のロッテルダム国際映画祭公式上映日は現地時間1月22日を予定している。
日本での公開は2月14日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。

(C)2015『味園ユニバース』製作委員会

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング