話題沸騰中の現役女子高生シンガー&ラッパー、DAOKOがメジャーデビュー決定

Entame Plex / 2015年2月16日 16時5分

写真

話題沸騰中の現役女子高生シンガー&ラッパー、DAOKOがメジャーデビュー決定

インディーシーンで話題の現役女子高生シンガー:DAOKOがメジャーデビューすることが決定した。

DAOKOは1997年生まれの現役女子高生。ニコニコ動画に投稿した楽曲で注目を集め、今までにインディーズ作品を4枚リリース。ポエトリーリーディング、美しいコーラスワーク、ラップを絶妙なバランスで織り交ぜ、なおかつ他にはない独特の歌詞の世界観が話題となり、これまでm-flo + DAOKOによる楽曲「IRONY」が映画「鷹の爪~美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に、中島哲也監督作品「渇き。」では挿入歌に抜擢されたりと、インディながら各方面から支持を獲得してきた。

そんな彼女がこのたびメジャーデビューすることとなり、3月25日にメジャーファーストアルバム「DAOKO」をリリース。本作では、彼女らしい独特の世界観はそのままに、新進気鋭のトラックメーカーら7組と楽曲制作。
また、リードトラックとなる「水星」のミュージックビデオが公式サイトにて解禁されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング