仲里依紗が連続ドラマW最新作の主演に、初の社会派ドラマで検察事務官に挑戦

Entame Plex / 2015年3月18日 17時3分

写真

仲里依紗が連続ドラマW最新作の主演に、初の社会派ドラマで検察事務官に挑戦

仲里依紗が主人公の検察事務官を演じるWOWOW日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW テミスの求刑」が、5月10日(日)より放送されることが明らかになった。

本作は、大門剛明原作のリーガルサスペンスをドラマ化したもので、仲里依紗演じる検察事務官の主人公が弁護士殺しの容疑をかけられた検事とともに過去の冤罪事件の真相を解き明かしていくストーリー。

監督は「連続ドラマW 悪貨」「連続ドラマW 震える牛」の権野元、脚本は「ドラマW 再生巨流」、映画『64 ロクヨン』の久松真一が担当する。また、主演の仲里依紗の他、キャストには杉本哲太、高岡奏輔、袴田吉彦、モロ師岡、佐藤二朗、岸谷五朗らが名を連ねている。

本作に関して主演の仲里依紗は「今回、初めてWOWOW連続ドラマWに出演させていただくことになりました。検事事務官役です。このような社会派ドラマに出演させていただくのも初めてで、すごくワクワクしています。ポスター撮影では、パンツスーツを着て、自分でもすごく新鮮でした。私が演じる主人公は、深い過去を背負って日々生きています。その辛さを乗り越えて前向きに生きる姿を、少しでもリアルに表現できるよう、丁寧に演じたいと思っています」とコメントしている。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング