1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

よしもとの新プロジェクト「住みますアジア」が始動! ペナルティ、COWCOWらが渡航芸人にエール

Entame Plex / 2015年4月29日 19時50分

写真

よしもとの新プロジェクト「住みますアジア」が始動! ペナルティ、COWCOWらが渡航芸人にエール

4月28日、東京・羽田空港国際線ターミナルで、アジア版 あなたの街に“住みます”プロジェクト『住みますアジア芸人』出発式が行われた。出発式には、“元祖アジア進出芸人”として、タイに滞在経験がありタイ語が堪能なお笑いコンビ:ペナルティのワッキーと、「当たり前体操」のインドネシア語バージョンをきっかけにインドネシアで人気を博しているCOWCOWが出席、司会進行をペナルティのヒデが務めた。台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナムの5ヶ国の地域へと旅立つ9組13人の後輩芸人たちの門出にエールをおくった。

この企画は、吉本興業が全国47都道府県で実施している「あなたの街に“住みます”プロジェクト」のアジア版として始動。吉本興業主導で、株式会社MCIPホールディングスがアジアでエンタテインメント事業を展開するため、『住みますアジア芸人』たちは、アジア各国で日本のお笑いを広める“伝道師”として、現地に密着し、現地の人々の生活、お笑い、エンタメ、流行、そして言語を学び、現地の人々に向けて発信、さらに日本に向けて各国の情報を発信するというもの。



台湾に漫才少爺(MAN CAI SHAO YE/マンザイボンボン)の2人、タイにあっぱれコイズミ、ベン山形(すでに渡航しており欠席)、ぼんちきよし、インドネシアにザ・スリーの3人、そこらへん元気、アキラ・コンチネンタル・フィーバー、マレーシアにエスディーきんじょう、ベトナムにダブルウィッシュの2人が現地に住むことが決定しており、出発式に出席した彼らは、このプロジェクトに懸ける意気込みを語った。



『住みますアジア芸人』たちから、アジアで成功する秘訣を聞かれたペナルティ・ワッキーは「やっぱり万国共通は“顔”。常にコミカルに面白い顔をするといい」と持論を展開。後輩芸人たちの前でお手本をと、面白い顔をしながらタイ語で「イナゴの佃煮いらんかね~」と売り歩く売り子さんのものまねネタを披露するも、失笑の嵐。これには、ワッキーも「現地では大ウケの“鉄板ネタ”だから、これ! ひと昔前のタイではよく見かけたけど、最近あまり見かけなくなったイナゴの売り子さんのまねを、カタコトの日本人がいきなりやると、“何でそんなこと知ってるの?”って、すごくウケるんだよ!」と必死で弁明。最後は、お馴染み“男性ホルモン受信中”を披露し満足顔だった。



一方、COWCOW・多田は「インドネシアって、音ネタ、リズムネタがすごく盛んで、お客さんも一緒になって踊りたがるんです。例えば、2700の“右ヒジ左ヒジ”のようなネタは一緒に歌えて踊れてすごくいいと思う。だから、インドネシアには2700が行くのが一番いいのに(笑)」と冗談交じりのアドバイスに、『住みますアジア芸人』たち全員ズッコケる一幕も。そして、「当たり前体操」のインドネシア語バージョンを披露したあと、COWCOW・善しは「インドネシアでは、見てる人みんな(振り付けを)一緒にやるんですよ」と現地での評判ぶりを明かした。

なお、現在決定している現地での活動予定だが、台湾は、7月にスタート予定の地元放送局と共同制作する番組へのレギュラー出演、タイは、6月21日に自主イベント「週末よしもと・タイ」(仮)の実施、インドネシアは、5月30日にグランドオープンする「イオンモールBSD CITY」のオープニングイベントへの参加、マレーシアは、地元コメディイベント会社主催の「Comedy Festival」への出演、ベトナムは、イオンモールを中心に日系企業テナントの販促サポート提案や定期的なイベントの開催など、各国それぞれさまざまな活動を通してプロジェクトの活性化を図っていくとのこと。また、特設サイトが開設されており、ここでは『住みますアジア芸人』たちが現地で奮闘している様子を見ることができる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください