前園真聖が“断酒解禁”を匂わせる「結婚のタイミングかもしれない」

Entame Plex / 2015年9月17日 17時13分

写真

前園真聖が“断酒解禁”を匂わせる「結婚のタイミングかもしれない」

9月17日、都内で株式会社東ハトが新商品発表会を行った。

新商品「つながリング」は、9月21日(月)より発売されるコーンスナック菓子で、「スイートコーン味」と「メキシカンタコス味」の2種類を展開。この日は「つながリング」サポーターのひとり前園真聖と、東ハトのCBO(チーフ・ブランディング・オフィサー)を務める中田英寿が登壇。商品名に絡め、ふたりの「つながり」についてトークした。

話は前園と中田の現役時代にさかのぼった。今から19年前のアトランタ・オリンピックで日本代表として初めて知り合ったふたりだが、中田は「ふたり部屋だったので、そのときの同部屋がゾノだった」と語った。また中田は当時、キャプテンを務めた前園を「今はこんなに温厚になりましたけれども、色んな意味でキャプテンしてました」と意味深発言も飛び出した。



またMCが、その時期の写真を披露すると、中田は「僕は当時ベルマーレ平塚というチームにいて、けっこう真面目な生活を送っていたんですけど、オリンピックでゾノに連れられ、たくさんの社会勉強をさせてもらって。そこで初めてお酒を覚えさせられ…」と振り返った。どうやら中田の“飲酒指南”をしたのは前園だったようだ。

すると前園は「片や断酒ですけどね、すすめときながらね」と笑いを誘う。前園は13年10月に飲酒してタクシー運転手とトラブルを起こして以降は断酒中の身だ。かぶせるように中田が「お酒の良い面も悪い面も教わった」と話題を振ると、前園は「そうだね…」とうなだれた。



会見中盤には、前園が中田とのつながりをひと言で表したクリップボードを披露。しかし「サッカーつながり」との平凡な内容に、中田は「つまんない」と斬り捨てた。



その後には、再び「お酒」の話に戻り、前園が問題を起こした直後、中田が食事に誘ったことも明らかとなった。前園は「一番最初に誘ってくれたのがヒデ」と感謝を述べると、中田は「ゾノを知っている僕としては『コイツ、今は(断酒と)言ってるけどすぐダメになるだろ』っと思っていたら、今も続いてて。いつになったら飲むのか楽しみ」と感心する様子を見せた。



前園は、断酒して約2年経つ。前園が「(飲むきっかけを)半分探してますよ。そりゃ飲みたいですから!」とコメントすると、会場からは笑いが起こる。

囲み取材では、同じく「断酒解禁」の時期に質問が集中した。現在、前園は6年近く交際を続ける恋人がおり、記者が結婚の時期をたずねると、「まだわからないですけどね、ヒデよりは先に結婚したいです」と意欲をのぞかせた。

また、結婚こそ解禁のタイミングでは? との質問が飛ぶと、前園は「もしかしたらそのタイミングかもしれないし。そのときは彼(ヒデ)に日本酒を選んでもらいながらと思っています」と匂わせていた。

最後に前園は、今月14日に現役復帰が決まったゴン中山についても触れた。ゴンは、JFLアスルクラロ沼津と11月末までの3カ月契約を結び入団を発表している。

前園は「ずっとゴンさんがトレーニングしていたとは聞いていたので。ただヒデも話しているんですが、一度引退して復帰するとき体力的にもメンタルも弱っているので難しいと思うんですが、現役のころからハートの強い選手なので、さすがだなと思う。期待したいです」とエールを送っていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング